東京マラソン 2014  見やすい観戦場所

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

東京マラソン2014観戦体験・見やすい観戦場所は?

読了までの目安時間:約 5分

 

東京マラソン観戦場所

東京マラソン2014年で
観戦しやすかった場所は?


スポンサードリンク



実際に、
移動しながら東京マラソンを
完成した人の体験をご紹介します!


東京マラソンは参加者が多く、
沿道の観戦者も多いため混雑している場所では
東京都のランナー検索システムもつながらないそうです。


見やすかった場所とは?


東京マラソン2014観戦体験談


主人が2014年東京マラソンに当選したので、
観戦に行ってきました。


都営新宿線の西新宿駅で降りて、
スタート地点へ。


(上り進行方向、先頭車両乗車。
降りて一番前の階段を上ると
スタート地点までは人の流れに沿っていくだけです。)


主人とは、スタート地点ぎりぎりまでではなく、
参加ランナー専用の入場ゲート前にて、
上着等を預かって、お別れです。


スタート付近~新宿御苑前までは、
ものすごい人なので、
思い切って10km地点の日比谷公園まで電車で移動しました。


(丸ノ内線の新宿駅から、
霞が関駅で下車すれば
日比谷公園まで歩いて行けます。)


他の大会では、
どんなにたくさん参加者がいても、
大体10km地点まで来ると、


各自のペースで走り始めるので、
パラパラとなることがほとんどなのですが、


東京マラソンの参加人数
3万人越えを甘くみていました・・・


日比谷公園そばは、
観戦者もランナーも、まだまだものすごい人数で、
結局夫を見つけることが出来ず。


東京マラソンの公式サイトで、


ゼッケン番号を入れれば、
いまどのあたりを走っているのか調べることが出来るシステムも
混雑でなかなかつながらない・・・


思い切って、
今度は水天宮前駅まで移動しました。


(日比谷駅から日比谷線で、人形町駅下車し、
新大橋通りへ向かって歩きます。)


水天宮前駅付近は、観戦者もランナーも、
程良い人数で、待っている間も


持ってきたレジャーシートを
一人ちょこんと座る分には
全く問題ない感じでした。


いつもペースを考えると、そろそろかな、
というタイミングでランナーの中から
主人がいないか探していると、無事発見!


こちらまで寄ってきたので、
頑張ってね、と
声をかけることが出来ました。


例年、テレビ中継を見ていると、
銀座三越付近もすごい人なので、


東京マラソン観戦場所

ここからは一気にゴール付近の
東京テレポートまで電車で移動。


(人形町駅まで戻り、
日比谷線で八丁堀->JRで新木場へ->りんかい線で
東京テレポート。乗換時間を入れても30分程度で到着します。)


いよいよゴール間近というエリアで、
主人を探します。


前半はずっとつながらなかった
ランナーの現在地をお知らせしてくれるシステムも、
スタート2時間も過ぎるとスムーズにつながるようになるので、


その情報を頼りにまだかまだかと待っていました。


このエリアは、
ランナーは、やっとゴール!という感じで
疲れ果てているので、


人数はパラパラ(&ゆっくり)と現れるので、
見つけやすかったです。


ただし、観戦者は、やはり最後、
ゴールを見届けたいという方が多いのか、
沿道は混んでいるので、


一番前を確保するのは少し難しいかもしれません。


主人の目標タイムが3時間半~45分だったので
電車の乗車時間や、徒歩を含めると、
どこかでゆっくりお茶するほどの余裕はなく、


つねに、次の地点へ移動しなくては、
とちょっと忙しい観戦経験になってしまいました。
あとで、主人に聞いた話ですが、


浅草もすごい人なので、
水天宮前~蔵前付近までが
観戦するにはちょうど良さそうとのことです。


東京マラソン2014観戦体験談 まとめ


東京マラソンの参加者は3万人。


私は2013年、観戦するつもりではなく、
別の用事で
銀座に午後2時くらいに行ったところ、


晴海通りを横断できないのはもちろんですが、
地下道まですごい人でした。


「水天宮前~蔵前」が見やすい


というのは貴重な穴場スポット情報ですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。