サラダパスタ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

暑い日も簡単にできてさっぱり食べられる彩りサラダパスタ

読了までの目安時間:約 5分

 

サラダパスタレシピ

from: 小西はるか
@自宅リビング

さっとできて、さっぱり食べられる
夏向きサラダパスタのレシピです。



おはようございます。

暑い日は、キッチンで火を使って料理するのもおっくうになったりしますが、
早茹でパスタをつかって時短調理をして、


あとは和えるだけのさっぱり、サラダパスタをご紹介します。


彩りサラダパスタの作り方


材料

1人前

  • パスタ(早茹でタイプ 乾燥)50g

  • 塩 適量

  • エキストラバージンオリーブオイル 適量

  • キュウリ1/4本

  • ロースハム1枚

  • コーン缶詰適量

  • 大葉(しそ)1枚

  • フレンチドレッシング適量


※量を増やしたいときには、基本的には、
この分量×人数分としてください。


目安としては4人分でコーン缶詰小1個です。


作り方

1.鍋でお湯を沸かし、水1リットルに対して小さじ1の塩を入れます。
沸騰したら乾燥パスタを入れます。


今回使うパスタは、直径1.6mm位のやや細めの麺なのですが、
早く茹で上がるタイプの麺だと、長く火の前に立たずにできます。


2.鍋の湯が再沸騰したら、そのまま吹きこぼれに注意して茹でます。
茹で時間は、パスタのパッケージに書いてあるとおりにしてください。


お好みにもよりますが、この茹でる時に、十分パスタを柔らかく茹でておく事をお勧めします。


3.パスタが茹で上がったら、ざるに取り、十分に、湯を切ります。


4.麺を流水で洗って、再度水を切ります。
オリーブオイルをからめます。
ふきんの上にパスタを入れたざるを置いておきます。


5.パスタの具を作ります。


キュウリを水洗いしてよく拭き、みじん切りにします。
ロースハムをみじん切りにします。


コーン(缶詰)は汁を切ります。
大葉を千切りにします。


5.お皿にパスタを盛り、きゅうり、ハム、コーンを載せ、大葉を散らします。
最後にフレンチドレッシングをかけます。


作り方のコツ

早ゆでタイプのパスタはこんなものがあります。





1.6mmだと、普通は8分程度の茹で時間ですが、
早茹でタイプなら3分で茹であがります。


その分火の前に長くいなくて済みますね。


冷製パスタにするので、余熱で火が通ることがありませんので、
あまり早めにあげてしまうとパスタの仕上がりが固いと思います。茹で時間はパッケージの指示通りにしてください。


キュウリはのぼせた体を冷やしてくれ、
汗を出すのに良い食品とされています。


また大葉は、香り成分のペリルアルデヒドに殺菌作用があると言われていますので、
蒸し暑い夏に最適です。


ドレッシングに含まれる酢によって、疲労回復や、
糖の代謝を促します。


市販の好みのドレッシングでよいのですが、


レモン汁、ワインビネガー、エキストラバージンオリーブオイル、
好みのハーブ、塩・こしょう
を混ぜてドレッシングを作ってもおいしいです。



スポンサードリンク




暑い日も簡単にできてさっぱり食べられる彩りサラダパスタ・まとめ


お弁当に入れるときには、
パスタは早茹でタイプのマカロニでもいいですね。


具はすべてそのままで食べられるものなのですが、
お弁当の場合はきゅうり、ハム、コーンはすべて熱湯に通してください。


大葉は酢に触れて時間がたつと黒ずんでしまうので、


ドレッシングはお弁当用調味料入れにいれるか、
お弁当用小分けパッケージのもので
別添えがいいと思います


家で食べるときには、


具はそれぞれ別のお皿に入れて、
パスタも大皿にもって、


取り分けて好きなようにトッピングして食べてもたのしいですよ。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント