塩サバの南蛮漬け,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

時短レシピ・日持ちもする塩サバの南蛮漬け

読了までの目安時間:約 4分

 

塩サバの南蛮漬け

1年中手に入り、
生のサバより日持ちもする「塩サバ」を使った
南蛮漬けです。



塩サバの南蛮漬けの作り方


【材料】

2人分

  • 塩サバ半身 1枚

  • 小麦粉 適量

  • 玉ねぎ 1/2個

  • 人参 1/2本

  • パプリカ(黄色) 1/4個

  • 生姜 1かけ

  • 水 カップ1/2

  • 酢 大さじ2

  • 醤油 大さじ1

  • 砂糖 小さじ1

  • 鷹の爪 適量


塩サバの南蛮漬け

【作り方】

1.塩サバの骨をとり、キッチンペーパーで水気をふき取ります。
食べやすい大きさに切ります。


2.玉ねぎは薄切り、人参は斜め薄切りからの千切りに、生姜が千切り、
パプリカはヘタとタネと取って細切りにします。


3.耐熱ボウルに野菜と水を入れて
500wの電子レンジに2分かけます。
(タレに漬けこんでいるうちにしんなりするのが多少固めで大丈夫です)


4.ボウルに酢、醤油、砂糖、鷹の爪を入れて全体をざっくり混ぜます。


5.1の塩サバに小麦粉をつけて、
フライパンにサラダオイル(分量外)を入れて中火にかけ、
サバを揚げ焼きにします。


6.両面がきつね色になったら、引き上げて油をきります。


7.塩サバが熱いうちに4のボウルにいれて漬けこみます。
30分くらいおいてから食べることができますが、
保存する場合は密閉容器に入れ、粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫へ。


※仕上げにごま油を数滴たらして香りを付けてもいいです。

塩サバの南蛮漬けの日持ちは?


作った塩サバの南蛮漬けは
冷蔵庫で3日程度です。


密閉容器に入れて保存し、
清潔な箸などで出してくださいね。




スポンサードリンク



塩サバの栄養


塩サバは、ノルウェー産のサバが多く、
冬、サバに脂が乗っている旬の時期に水揚げされています。


サバには、オメガ3系の不飽和脂肪酸、EPAとDHAが豊富に含まれています。
EPAには、血液をサラサラにする作用、
DHAは、脳や神経系の発達に必要、とされています。


脂肪分が多いノルウェー産のサバでは、
100gあたり、EPA2グラム、DHA4グラム摂ることができます。


南蛮漬けのレシピでは、
人参とパプリカを使っています。


人参、パプリカに含まれるβカロテンは、油と一緒に摂ると吸収率が良くなりますので、
塩サバと南蛮漬けにするとぴったりです。


時短レシピ・日持ちもする塩サバの南蛮漬け まとめ


塩サバは塩味がついているので、
南蛮漬けにする場合も、下味をつける手間いらずで
作ることができます。


サバを油で揚げるのではなく、少なめの油で揚げ焼きにしているので、
油の始末の手間もかかりません。


冷蔵庫で3日程度保存ができますので、
倍量で作ってもいいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント