とうもろこし 茹で方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

旬のとうもろこしを誰よりも美味しく食べる方法【ゆで方】

読了までの目安時間:約 5分

 

とうもろこし茹で方

from: 小西はるか
@世田谷の珈琲館

絶対においしい
とうもろこしのゆで方をご紹介します!



こんにちは。


前回の記事で、


絶対においしいとうもろこしの選び方


をご紹介しました。


今回はおいしいゆで方です。

とうもろこしはどんなゆで方をしても甘い?!

実はとうもろこしは、


ゆでても、蒸しても、電子レンジで調理しても、
糖度はほぼ変わらないのだそうです。


ですから、ゆでる場合も、
沸騰したお湯に入れようが、
水からゆでようが


甘さは変わりません。


ゆで方で変わるのは


食感


です。


ゆですぎはダメ


とうもろこし農家の人たちがいう
おいしいゆで方は


沸騰した湯に入れて、または水からゆでて沸騰したら
3分程度、


というゆで時間です。


長すぎるとやわらかくなりすぎたり、
味が抜けてしまったりします。


では、お湯から茹でる方法、水から茹でる方法を説明します。





沸騰したお湯からゆでる方法


とうもろこしがしっかりと浸かる程度のたっぷりなお湯に、塩を入れます。
塩の目安としては、1本に付き小匙1/2程度。



お湯が沸騰したら、皮を剥いた状態のとうもろこしを入れて
3分間ゆでます。


火を止めて、お湯が冷めるまで放っておけばOK
お風呂程度の加減に冷めたら、お湯から取り出します。


沸騰したお湯から茹でるとシャキシャキに仕上がります


そのまま食べるのではなく、他の料理に使うなど、
時間を置くときには、粗熱がとれたらラップをかけておきましょう。


水からゆでる方法


とうもろこしがしっかりと浸かる程度のたっぷりな水に、塩を入れます。
塩加減は熱湯の場合と同じです。


皮を剥いたとうもろこしを水に入れて点火。


お湯が沸騰したらそこから3分間ゆでて
取り出します。


水からゆでる方法の場合、
とうもろこしの中のでんぷんが糊化して水分を呼ぶので、
ジューシーに茹で上がります。


すぐに取り出して冷ましても
シワシワになりません。


塩味をつけるには?


ゆでるときに入れている塩では
塩味がつくほどではありません。


料理に使う場合は、そのほうがいいと思います。


茹でとうもろこしとして食べるので
もっとしっかり塩味をつけたい場合は、


お湯から茹でた場合も、
水から茹でた場合も、


茹で上がったら、そのお湯に
ちょっと塩辛いな
というくらいの量の塩を入れて4分間漬けておきます。


とうもろこしの糖質は「レジスタントサーチ」


とうもろこしの甘みやジューシーさの決め手となる糖質(でんぷん)
は、レジスタントサートと呼ばれる、


難消化性のでんぷんです
レジスタントサーチといえば、冷ごはんダイエット


ご飯を冷やしてから食べると、
でんぷん質が、食物繊維と同じ働きをする
レジスタントサーチに変わるので、


腸にもよく、ダイエットできる、


というものです。


とうもろこしのでんぷんには、冷ごはんと同じ効果があるんですね。


とうもろこしは野菜と入っても糖質中心だから
ダイエットにはどうなの?
と思っていたのですが、


安心して食べられますね。


旬のとうもろこしを誰よりも美味しく食べる方法【ゆで方】まとめ


茹でたとうもろこしを冷凍保存する場合、
水から茹でる方法だと、実の中の水分多いためなのか、
解凍したときにくにゃくにゃになりがちです。


冷凍保存するには、
お湯から茹でる方法がよいようです。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント