茉莉花茶豚 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

持ち寄り・おせちにも使える茉莉花茶豚の作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

ジャスミン茶 煮豚

ジャスミンティーで豚肉の余分な脂や
臭みが取り除かれ、香りもプラスされて
さっぱりいただけます。


茉莉花茶豚(ジャスミンティー豚)の作り方


【材料】

作りやすい分量

  • 豚肩ロースかたまり肉 350~400g

  • ジャスミン茶 2パック

  • 醤油 80㏄

  • 酒 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 酢 大さじ1


ジャスミン茶 煮豚

【作り方】

1.かたまり肉にタコ糸をかけておくと、
綺麗な形に作ることができます。


2.肉が完全にかぶる程度の水を鍋に入れて
沸騰したらジャスミン茶を入れて濃い目に出します。


3.ジャスミン茶が濃い目に出せたら、
鍋からお茶のパックを取りだし、
肉を入れます。


オーブンペーパーに穴をあけて
落し蓋として肉にかぶせます。


4.強火にかけて沸騰させ、
その後弱火にして40分程度煮込みます。


煮ている間に水量が減ったら、
鍋の中の温度が変わらないように
お湯を足してください。



5.肉を煮込んでいる間に
漬けこむたれを作ります。


醤油、酒、みりん、酢を小鍋に入れて
一煮立ちさせます。


7.鍋から引きあげた肉と
4の漬けダレをポリ袋に入れます。
時々上下を返しながら、粗熱をとります。


8.冷蔵庫に入れて数時間置き、
肉が落ち着いてから
切ると薄く切りやすいです。


作り方のポイント


肩ロースは脂身と赤身のバランスが良く
使いやすいですが好みで他の部位でもOK。


ばら肉のその場合は、脂身の表面を
フライパンで焼きつけてから
ジャスミン茶で煮込むとよいです。


もも肉でつくると、
肩ロースよりもさっぱりした
しあがりになります。


タレは調味料のみで水を入れていないので、
この中に完全に浸った状態であれば、


だんだん、味は濃くなりますが、
冷蔵庫で4、5日持ちます。


漬けダレの活用法


漬けダレは、食べるときの
たれとしても使えます。


ジャスミン茶豚の残ったはじっこを
具に、漬けダレで味付けをした
チャーハンもおいしいですし、


残った漬けダレに、炒りごまと
ごま油を足して、
ドレッシングに使ってもおいしいです。


持ち寄り・おせちにも使える茉莉花茶豚の作り方 まとめ


茉莉花茶豚は、ジャスミン茶で煮込むので、
煮豚は、豚肉のクセが気になる、という人でも
食べやすくなります。


和風のおせち料理のお重には
あまり、肉のお料理をたくさんは入れませんが、


最近では、豚の角煮などを入れる
市販のおせちもありますよね。


人が集まる時など、
やはり、ボリューム感のある肉料理があると
よろこばれますし、


作り置きができるので、
お正月向きの料理です。


おせちの他、持ち寄りの時
などにも便利です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント