えのき半量 パスタ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

手軽に糖質オフ・食物繊維をプラスできるパスタ料理のアイデア

読了までの目安時間:約 4分

 

えのきパスタ糖質オフ

パスタ料理は糖質が多く、一食をそれ一皿ですませがちなので、
ダイエットにはあまり適したメニューではないのですが、
身近な食材で糖質オフ・食物繊維プラスができます。



パスタの半量をえのきだけで置き換える


パスタ料理の糖質をオフし、食物繊維をプラスしてくれる食材は、


「えのきだけ」です。


えのきだけは、

ゆでたもの100gあたりのエネルギーが22kcal
糖質の量は3.7gです。


一般的なスパゲッティ100gのエネルギー量は148kcal
糖質の量は26gです。


スパゲッティに比べると
カロリーも糖質もかなり少ないですね。

えのきパスタ糖質オフ

また、えのきだけには、
水溶性食物繊維、非水溶性食物繊維の他、


キノコキトサン、という成分がふくまれており、
キノコキトサンには、脂肪や糖質の吸収を抑える働きがあります。



その他、代謝を促すビタミンB1、B2、体内の水分量を調整するカリウムなどの
栄養分が含まれているのですが、
食物繊維以外の栄養素は、


小さく刻んだり、一度凍らせたりして、えのきだけの細胞が壊れやすく状態にしないと
吸収されにくいので、パスタの代わりのような食べ方の場合は、


食物繊維とキノコキトサンの効果を期待したほうがいいかもしれません。


えのきは太さや色がスパゲティに似ているので
スパゲティの半量をえのきに置き換えれば


カロリーや糖質を減らして、
食物繊維・キノコキトサンを摂ることができます。


パスタの半量をえのきにおきかえた明太クリームパスタ


【材料】

1人分

  • スパゲティ(乾麺) 40g

  • えのきだけ 一袋

  • 明太子 1/2腹

  • バター 小さじ1

  • 牛乳 100c

  • 塩、こしょう 少々

  • 青じそ 2枚

  • きざみ海苔 適量



【作り方】

1.えのきの石つきを切り落としてほぐします。
青じそは千切りにします。

明太子をほぐします。


2.鍋に湯を沸かし沸騰したらスパゲティを茹ではじめます。


3.フライパンにバターを入れて中弱火にかけて、
えのきを入れて炒めます。
えのきがしんなりしたら、牛乳、明太子を入れて
ひと煮立ちしたら火を止めます。


4.製品のパッケージにかかれている茹で時間2分前になったら、
パスタの湯を切って3のフライパンに入れて中火にかけて混ぜながら
2分茹でます。


5.塩こしょうで味を調えて、
皿に盛り、きざみ海苔と青ジソをトッピングします。



スポンサードリンク



手軽に糖質オフ・食物繊維をプラスできるパスタ料理のアイデア まとめ


こんにゃくを原料とした、
糖質0のパスタも販売されていますが、


えのきなら、いつでもスーパーマーケットで手ごろな値段で買うことができますね。


ご紹介したレシピは、


明太クリームパスタですが、


市販のパスタソースを使って手軽に作ってもいいです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント