水キムチ 夏野菜

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

手軽に作れる発酵食品・水キムチの簡単レシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

水キムチ 夏野菜

唐辛子を使った一般的なキムチに比べて
漬けこみ時間も短く、手軽に作ることができる
水キムチのレシピをご紹介します。




水キムチとは?


水キムチは、唐辛子粉を中心としたヤンニョム(漬けダレ)を使わず、
塩味の漬けダレで漬ける
辛くないキムチのことです。


辛味が欲しい時には
赤唐辛子、青唐辛子を好みで入れてもOKです。


基本的な水キムチの作り方


【材料】

  • 白菜 200g

  • 大根 200g

  • リンゴまたはナシ1/2個

  • 生姜の薄切り 5、6枚

  • にんにく 1片

  • 醸造酢 大さじ2

  • 水 500ml

  • 上新粉 小さじ1

  • 塩 大さじ1と1/2



【作り方】

1.フタ付きの保存容器を煮沸消毒し、水気を切って完全に乾燥させます。

白菜は大きめのざく切りに、大根はいちょう切りにします。
リンゴまたはナシは、よく洗って皮付きで、
薄いいちょう切りにします。


2.1の白菜・大根をボウルに入れ、小さじ2と1/2杯分の塩をまぶして軽く揉みます。
約20~30分間置いておきます。


3.小さい鍋に水・上新粉・残りの塩を入れて
中火にかけます。


4.木べらで軽く混ぜます。
沸騰したら火を止めます。


5.4が完全に冷めたら煮沸消毒しておいた
保存容器に入れます。


その後、りんご、薄切りの生姜、薄切りのにんにく、酢を、
この順番で加えていきます。


6.2の白菜・大根から出た水を捨て、
流水でさっと洗い、ふきんやキッチンペーパーでおさえて
水分を取ります。


7.水気をふき取った白菜、大根を
5の漬け液に入れます。


容器にふたをして、半日~2日程度常温に置いて
発酵させます。
その後は冷蔵庫に入れて保存します。

白菜 水キムチ

夏野菜の水キムチ


白菜や大根がおいしいのは秋から冬。
夏に作る水キムチは、夏野菜を使ってみましょう。


【材料】

  • きゅうり 2本

  • パプリカ 1個

  • セロリ 1本

  • はちみつ 大さじ1

  • 生姜の薄切り 5、6枚

  • にんにく 1片

  • 醸造酢 大さじ2

  • 水 500ml

  • 上新粉 小さじ1

  • 塩 大さじ1と1/2



【作り方】

1.フタ付きの保存容器を煮沸消毒し、水気を切って完全に乾燥させます。

きゅうりは、8mm厚さの斜め切り、パプリカは3㎝角程度に、
セロリは3㎝長さに切ります。


2.切った野菜をボウルに入れ、小さじ2と1/2杯分の塩をまぶして軽く揉みます。
約20~30分間置いておきます。


3.小さい鍋に水・上新粉・残りの塩を入れて
中火にかけます。



4.木べらで軽く混ぜます。
沸騰したら火を止めます。


5.4が完全に冷めたら煮沸消毒しておいた
保存容器に入れます。


その後、はちみつ、薄切りの生姜、薄切りのにんにく、酢を、
この順番で加えていきます。


6.2で塩でもんだ野菜から出た水を捨て、
流水でさっと洗い、ふきんやキッチンペーパーでおさえて
水分を取ります。


7.水気をふき取ったきゅうり、パプリカ、セロリを
5の漬け液に入れます。


容器にふたをして、半日~2日程度常温に置いて
発酵させます。
その後は冷蔵庫に入れて保存します。


水キムチの食べ方


サラダのようにそのまま食べるのが基本の食べ方です。


水キムチ100gと、豚肉の薄切り100gを、
胡麻油で炒めたものなど、
炒め物に使うのもおすすめです。




手軽に作れる発酵食品・水キムチの簡単レシピ


水キムチは、
一般的なキムチに比べて、
簡単な材料で、少量ずつ漬けることができるので、


日本の浅漬けのような感じで楽しむことができます。


常温でしばらく置いておくと、
乳酸発酵して、
植物性乳酸菌を摂ることができます。


ご紹介した材料の他、


にんじん、ラディッシュ、
夏野菜バージョンではミョウガを入れても
美味しいです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント