幼稚園 お弁当 苦手

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

幼稚園のお弁当・苦手なお弁当作りを楽しくするには?

読了までの目安時間:約 6分

 

幼稚園お弁当

もともと料理が得意でない人にとって
幼稚園のお弁当作りが
プレッシャーになってしまうことも・・・



兵庫県在住の30代女性の体験談です。


2014年までお子さんが通っていた幼稚園は、
週3回お弁当日だったそうです。


お料理や、細かい細工物は苦手で、
最初はお弁当作りに失敗する夢を見たほどで、

お子さんからキャラ弁を作って欲しい、と
言われることに戦々恐々としていたとか。


ですが、お弁当作りはやっぱり楽しかった
と体験を話してくださいました。


幼稚園のお弁当の決まり事は?


園からのお約束しとしては
オムライスやチャーハン等の時以外はお箸のみで、
スプーン・フォークとの3点セットの物はNGでした。

またデザート(果物・ゼリー等)もNGです。


お弁当作りのこだわりは?


私がお弁当作りに際して自分に課したルールは
「冷凍食品は使わない」事です。


子どもが男の子だったことと、
朝から細かい作業をする自信がなかったので、


流行のキャラ弁を作ることは絶対無理だから、
せめておかずは手作りの物を入れようと
思ったからです。


おかずはなるべくバランスよくなるように、
でも色々考えずに簡単にできるように
メイン+緑+黄色+赤のパターンにしていました。





バランスよく、と言っても
幼稚園児の小さなお弁当箱に
ちょっとでも多くの野菜を入れようと思うとなかなか大変でしたが、


定番の緑もののブロッコリーや赤のトマト以外に
メインのおかずを作るときに何か一つでも
野菜を使うように工夫しました。


例えば、豚肉をソテーする時に
玉ねぎときのこを小さく切って一緒に炒める、
という感じです。


とはいえ、毎日一から全部作るのは大変なこともあるので、
作り置きや前日の残り物もよく使いました。


前日の残り物はそのまま入れると飽きることもあるので、
少しアレンジするようにしていました。


一番お手軽にアレンジできるのは卵とじにするのと、
チーズを加えることです。


唐揚げをどんぶり風にだしで煮て卵とじにしたり、
ポテトサラダにチーズを乗せて焼いたり、
生姜焼きの肉でチーズをくるくるまいてレンジでチンしたり。


ちょっとのアレンジで見た目も味も変化がついて、
子どもも喜んで食べてくれていました。


食中毒防止のためにお酢や梅干しを活用


他に気を付けていたことと言えば、やっぱり食中毒。
お弁当作りの基本ですが、冷ましてから入れる、
できるだけ手では触らない、汁気は切るは鉄則で、


他には、
お酢や梅干しををよく使いました。


おかずを甘酢漬けにしたり、梅和えにするだけでなく、
一番楽なのはご飯を炊くときに少しお酢を入れたり、
梅干しを入れたりすることです。


酢は入れすぎなければ味はしないし、
梅はほんのりピンクの梅ごはんになって酸っぱすぎず、
子どもにも好評でした。


やっぱりキャラ弁を作って欲しいと言われて


困ったことと言えば、
お友達のかわいいキャラ弁を見て
自分もキャラ弁にしてほしいと子どもに言われたこと。


お母さんはやったことないからできないなぁ・・というと、
一緒に買い物に行った時にウィンナーコーナーにあった
飾り切りのチラシを知らないうちに持って帰ってきていて、


「明日これやって」と満面の笑みで言われた時は、
嫌とは言えず朝から頑張りました。


簡単な作り方の物を選べば意外とすぐにかわいくできたので、
それからは時々かわいいウィンナーを入れるようになり、


すごいキャラ弁ではなくても、
ちょっと工夫するだけで子どもも満足していたようでした。


苦手なお弁当作りの励みになったのは


最初の頃は、初めてのお弁当作りに
かなりの気負いを感じていた私ですが
最後には寝坊しても何とか作れるぐらいに手際よくなったし、


学年末に先生が書かせてくれたお弁当ありがとうのお手紙と、
何より毎日空っぽのお弁当箱と美味しかったの子どもの一言が
うれしい励みになって


幼稚園に通っていた2年間、
お弁当を楽しく作ることができました。


苦手な料理を朝から頑張るんだから、と
毎日かかさず撮った写真も、
頑張った日も手抜きの日も後から見るといい思い出です。


 

苦手なお弁当作りを楽しく・まとめ

子供が残さず食べてきてくれることが

やっぱり一番の励みになるんですね。


すごいキャラ弁にしなくても、
かわいい飾り切りなどで、子供は喜んでくれる、


また「これやって」というリクエストに
応じる、という姿勢を見せることで
満足してくれる、


という点も参考になると思います。


写真にとって記録するのもあとから見ると良い思い出になると思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント