高校卒業 就職 お祝い

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夫の従姉妹への卒業祝い・就職祝い

読了までの目安時間:約 5分

 

高校卒業祝い

学校卒業後に就職する人への
お祝いは、新生活で
使うものを贈ることも多いと思います。



青森県に住む30代女性が
ご主人の従姉妹に,


社会人生活用に、靴をプレゼントした
体験談です。


主人の従姉妹への高校卒業・就職祝い


主人の従姉妹が高校卒業後に就職するということで、
卒業祝い兼就職祝いも兼ねて、靴をプレゼントしました。


就職してからも使える黒のパンプスで、
金額は約1万円でした。


親戚が多いので、お祝い(お金や商品券)は
他からも貰えるでしょうから、あえて物にしました。


従姉妹の場合は就職が決まっていたこともあったので、
時計やバッグでも良かったのですが、


近くにいて一緒に買いに行ける環境でもあったので
本人に選ばせたら靴でした。


就職してから慣れない仕事を
慣れない靴を履いてするのでは大変ですから
内定が決まってからすぐに買いに行きました。


ほぼ初めてのパンプスだったので、
デザインとサイズで本人がだいぶ悩みました。
(高校生の場合、就職活動も学校の制服、ローファーで
行いますので)


デザインはいいけど痛いとか、
ヒールの高さが気に入らないとか、
牛革じゃないとか、かなりの足数を履いて決めてもらいました。





靴の場合は必ず本人に試着させてからでないとだめです。
早めの卒業祝いだったので、


就職までの間に何度か履いて慣らしてくれたらしく、
就職してからも毎日履いてくれているようです。


最初はデザインがあまり好きではないようなこと
を言ったりもしてましたが、履き心地が良かったらしく、


また母親や私や店員さんのアドバイスから
初めてのパンプスはデザインよりも足に合うことを重視して選び、
次からは(慣れてからは)自分で好きなものを買うと言ってました。


就職前には我が家に来て、
主人にも買ったパンプスを見せてくれたりしていたので、
贈ってよかったと思いました。


若いうちはついつい流行りのものなどを
欲しがったりしますが、
必ず使うものをあげたほうがいいのかなと思いました。


お祝いに靴を贈るときのポイント


靴の場合はサイズのこともあるので、
時間に余裕を持って


お昼過ぎから買いに行くのがいいかと思います。


また、必ず就職してから履く
ストッキング着用で行くとよりよいと思います。


とにかく何足も履きまくって、
納得できるまで妥協しないことが大事だと思います。


おかげで気に入ったものを選んであげることが出来ました。


ただ、接客してくださった店員さんが結構頑なな方で、


本人が「このひとつ上のサイズも履いてみたい。」
と言っているのに、「絶対大きいからこれで大丈夫です。」と言って
履かせてもらえなかったりしました。


結果、店員さんが正しかったんですけど、
その時は若干空気が悪かったです。


ひとつ失敗したのは、お店を一軒しか行かずに決めたことです。
1日ではなく何日かかけて数軒回ってたら、
実はもっといいものが見つかったかもしれません。



スポンサードリンク



親戚への高校卒業・就職祝いのまとめ


新生活に必要な物を
プレゼントする場合は、
この体験談のように近くに住んでいるのなら、


一緒に買いに行く、というのもいいですね。


特に、「靴」は数値のサイズだけではなく、
履き心地がとても重要な物ですから、
必ず、試して買う必要があります。


高校卒業、というと、18歳。
大人なようでいて、
これまでは「学生」としての生活をしていたので、


靴一つとっても


「社会人としての見た目、実用性」を
少し年上の親戚の女性からアドバイスしてもらえると
その後にも役立つと思います。


普段一緒に生活している母親や姉には
反発してしまっても、
従姉妹や伯母の言葉は素直に聞ける、ということも。


同じような点で、
メイクアップコスメ一揃え、というのも
いいかもしれません。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント