帰省みやげ 夫 両親

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夫の両親への帰省みやげには?

読了までの目安時間:約 5分

 

帰省みやげ

夫の両親への帰省の
おみやげについて
30代女性の体験談です。


スポンサードリンク



夫の両親への帰省みやげには?


我が家は、主人と私、長男8歳、次男3歳の4人家族です。


2014年、今年の主人の実家への帰省土産は、
お箸とお茶碗のセットと、ラスクでした。


変な組み合わせですが、
主人の家はちょっと複雑で、
義理の父と義理の母が別々に住んでいるので、


帰るタイミングも違えば、
手みやげも別に用意しなければなりません。


まずは、義理の父ですが、
広島県広島市に1人で住んでいます。


数年前に祖母を亡くしてからは、
完全に1人暮らしです。
なので、帰省する際の手土産には気を使います。


さらに、広島駅からほど近い場所に住んでいるので
デパートにあるような品は手に入るので、
いつも手土産に頭を悩ましています。


祖母が健在の時は、都内のお店の、
甘いお菓子で良かったのですが、
義理の父だけではお菓子は食べず・・・


まずは、仏壇用に日持ちする備えものが1ついります。


これは、千葉県では知られている和菓子屋、
『なごみの米屋』で購入することが多いです。


羊羹が、1000円くらいで、
日持ちが3ヶ月くらいするので、
種類が色々ある羊羹を選ぶようにしています。


義理の父には、


1人ではなかなか気が回らない
箸や食器類など
新年に新たにしたい物を選び


渡すようにしています。


ブランドという物ではなく、
和食器屋さんで使いやすい物を選びます。
金額は、茶碗が1500円前後、箸が2000円前後でしょうか。


義理の父も、毎日使う消耗品の方が
重宝するようで、
喜んでくれています。


義理の母ですが、茨城県のつくば市に住んでいますが、
夫の姉夫婦や弟夫婦も近くに住んでいるので、
帰省の際は、手土産が3家族分必要になります。

帰省みやげ
そこで、いつも同じ物
になってしまうのですが、


茨城では売っていない、
『ガトーフェスタハラダ』の
ラスクにしています。


義理の母はお酒が好きなので、
おつまみになる甘くない
『グーテ・デ・ロワソムリエ』28枚入り2000円


義姉夫婦、義弟夫婦には、子どももいるので、
『グーテ・デ・ロワホワイトチョコレート』26枚入り2000円


ロワソムリエは、奥深い味わいで、
ワインにとても合うラスクです。


ラスクというよりも、
前菜をつまみにワインを飲んでいるような感じがもてるもので、
私も大好きですが、義理の母にも好評です。


ロワホワイトチョコレートは、
子供にはもちろん、深い味わいの甘さで、


チョコレート好きにはたまらないようで、
こちらも好評です。


今年も残りわずかとなり、
帰省が近づいてきました。


年末の混雑の前に、
そろそろ準備を始めたいと思っています。



スポンサードリンク



夫の両親への帰省みやげには?まとめ


義理のご両親が
別々に暮らしている、という事情がある方の
体験ですが、


ひとり暮らしのお義父さんには、
「新年に新調したい日用生活品」


というのは、気配りもきいていて
よいことだと思いました。


なごみの米屋は、
成田みやげの定番品、
「栗羊羹」の元祖といわれている、


地元では有名なお店です。


テレビ東京の「出没!アド街っく天国」でも
紹介されました。


ガトーフェスタハラダのラスクは、
一時のブームは過ぎましたが、


今でも土日は、銀座松屋などでは
行列していることがあるので、


平日に買いに行くか、
小さなお子さんがいるような方は
オンラインショップを利用すると便利です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿