厄払い あびこ観音 節分会

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

大阪あびこ観音での厄払いってどんな感じ?節分厄除大法会の混雑は?

読了までの目安時間:約 5分

 

あびこ神社厄除け

厄除けで有名な
大阪府大阪市住吉区の


あびこ観音
(吾彦山大聖観音寺 あびこたいしょうかんのんじ)での厄払いはどんな感じ?



スポンサードリンク



女性の大厄、33歳の前厄払いの
護摩祈祷を受けた方の
体験を紹介します。


あびこ観音での厄払い


2013年2月3日に大阪府大阪市にある、
あびこ観音へ32歳の前厄払いに行きました。


お正月後から2月3日までに
厄払いをするものだと聞き、


調べたところ厄払いで有名な
あびこ観音で日本最古の伝統の厄除け行事である、
「節分厄除大法会」というのが行われる,

とのことだったので行ってみました。


混雑が予想されると
周りからも聞いていたので、


車で周辺まで行き
一つ先の駅に車を停めて、
一駅だけ電車で向かいました。


駅を出るとすぐに屋台が沢山並んでいて、
本当に混雑していました。


通常であれば通行できる周辺の道路も封鎖され、
全て屋台で埋め尽くされていました。


屋台のある場所は厄払いなどとは関係なく、
お祭りのようになっているので
余計に混雑していたのだと思います。


厄払いをしてもらう本堂がある場所までは、
少し距離はあるものの
普通に歩いたたらすぐなのだと思います。


でもこの日は2月3日で、
しかも日曜日だったので


とても安易に本堂まで
辿りつくことができないくらいの混雑でした。


あびこ観音厄除け

午前10時くらいに
駅についたのですが、
そこから屋台の並ぶ道を抜け


本堂までの行列に並んで
敷地内に入れた時点でお昼ごろだったと思います。


それから更にお参りをする人、
祈願してもらう人で境内は大混雑でした。


まずば祈願をしてもらおうと
並んでいたのですが、


一人一人の対応がすごく長いようで
なかなか列が前に進みませんでした。


すぐ横が護摩堂となっていて、
護摩木をたくさんの山伏さんが
炊き上げご祈祷されていました。


並びながら見ていると、
先に手続きを済ませた人が名前を呼ばれて
その山伏さんの元へ行き、ご祈祷してもらっていました。


1時間強並び、
やっと私の番になって受付してもらえました。

祈祷料は3000円、5000円、10000円だったと思います。

まずは祈祷料を選び、
それから名前と生年月日と祈願したい事柄を伝えます
(健康祈願、家内安全、良縁など)。


私は主人と一緒に行っていて、
主人は厄年ではなかったのですが、
一緒に名前を伝えました。


すると受付の方がその場で、
護摩木に全て記入してくれます。


受付が終わると少し列から離れて、
護摩堂の前で名前が呼ばれるのを待ちますが
30分も待たなかったと思います。


ご祈祷が終わって境内を出たら
すぐに屋台が並んでいるので、
そのまま食べ歩きやお土産を見て回れます。


あびこ観音の屋台は有名らしく、
人気のスイーツやB級グルメがあると
後で知ったのですが本当に店舗数は多かったです。


屋台の中に、厄除けに纏わるお守りなども
購入できるお店もありました。


私は、「七色のものを買って貰うと良い」と
聞いていたので、
主人に七つの色の玉が付いたお守りを買ってもらいました。


スポンサードリンク



後はあびこ観音では有名は
「厄除けまんじゅう」があり、


これもまたお土産として持ち帰り
食べて貰うと良いと言われていたので
購入しました。


本当に混雑していて、
とても疲れましたが本格的なご祈祷をしてもらえて


たくさんの屋台も堪能できたので
私にとっては良い思い出になりました。


あびこ観音での厄払い まとめ


あびこ観音の、
2月3日の節分厄除大法会には
ご本尊が開帳されることもあって、


非常に多くの参拝者があるそうです。


護摩祈祷は、2月3日以外にも
1、2月中は行われているので、


そこまでの混雑はちょっと、
という人は、
2月3日を避けてもいいかもしれません。


また、厄除け祈祷は1年中受け付けてはいるのですが


1、2月以外は、
祈祷をお願いする本人は、祈祷に立ち会うことはできず、
後日御札が郵送されてくるそうです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント