夏休み 子供 お昼ごはん レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夏休みの子供のお昼ご飯にお手軽「そうめんの焼きビーフン風」

読了までの目安時間:約 5分

 

夏休み子供お昼ご飯レシピ

いただきものなどでたくさんあるそうめんを
活用できて、
さっとできる焼きビーフン風のレシピです。



暑い夏に欠かせない食べ物のそうめん。


夏休みにも手軽でつい活躍しすぎてしまうそうめんですが、
毎回そうめんだと子供たちも飽きてきて
食べてくれなくなってしまいます。


そんな時はいつもと少し違ったそうめんの使い方で
子供たちにはお昼ご飯を
たくさん食べてもらいましょう。


そんなお手軽で母の思いがいっぱい詰まった
そうめんの愛情アレンジレシピを紹介します。
30代の主婦の方が教えてくださいました。


子供もパクパク食べてくれる「お手軽そうめんビーフン」


材料

3人前

  • そうめん(三束)

  • 玉ねぎ(中半分)

  • ピーマン(二個)

  • 人参(半分)

  • 豚肉切り落とし 100g

  • サラダ油 小さじ2

  • 中華スープの素(適量)

  • 塩コショウ(適量)

  • 醤油(大さじ一弱)


材料の野菜はお好みの物でOKです。





作り方

1.お湯を沸かしてそうめんを茹でます。


2.そうめんが茹で上がるまでに野菜と豚肉をカットしていきます。


我が家では玉ねぎは半月切り、人参は短冊切り、ピーマンは細切りにして
火が通りやすいようにカットしています


3.フライパンでサラダ油を熱して、豚肉をいためます。
次にカットした野菜を固い物から順に炒めていきます。
それから順に火の通りにくい野菜を入れていきます。


炒めている間にそうめんが茹で上がったら、
ざるに取り出して水けをきっておきます。


4.炒めた野菜に塩こしょうで味を付け調えます。


5.茹で上がったそうめんを野菜を炒めたフライパンに入れて一緒に炒めていきます。


6.そこに中華スープの素を入れて味をなじませます。

味の濃さは中華スープの素の量で決まります。
子供には入れすぎると辛くなってしまうので注意しましょう。


7.最後に醤油を入れて完成です。


このレシピを教えてくれた方のコメント


そうめんは短時間で茹で上がるので、長い間火の前にいなくていいところが
便利です。


野菜をササッといためてからめると
ビーフンの様な味わいで、
いつもと違ったそうめんを味わう事ができます。


ふつうのそうめんに飽きてくると
我が家でも活躍するレシピです。
子供と一緒に野菜を切ったりしながら作れる手軽さもうれしいお手軽料理です。


味付けは小さい子供が食べる場合は、
塩こしょうなどの調味料を加減して、


大人が食べる場合はモヤシやしいたけなど、
お野菜を増やしたりして作っています。


他のレシピでもそうめんをアレンジして作ってみましたが、
一番合うのがビーフンの代わりとして使うこのレシピでした。



スポンサードリンク




作り方のポイント


時短テクニックとして、
にんじんなどの固いの野菜は、
あらかじめカットした後にお皿に並べ、


水を少し上から降っておいたあとにラップをふわっとかけ、
少しレンジで加熱してから炒めると、
短時間で柔らかくできます。


ガスで炒めるより光熱費も抑えられるので
節約にもなりますよ。


やりすぎるとぐにゃぐにゃになってしまうので
注意してください。


または、そうめんを茹でる前に、
沸かしたお湯にざるでさっとくぐらせるのでも
よいです。


夏休みの子供のお昼ご飯にお手軽「そうめんの焼きビーフン風」


夏休みの子供のお昼ご飯は、
一皿で主食と野菜やお肉がいっしょに取れる麺類が
活躍しますが、


そうめんをビーフン風に炒めると
飽きもこなくてよいですね。


ぜひ試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント