夏 鍋 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夏の洋風みぞれ鍋レシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

クレソン鍋

大根おろしの滋味&クレソンの爽やかな香味で
さっぱり、
いくらでも食べられる夏鍋レシピです!


スポンサードリンク



トマトの酸味も入る洋風鍋、


教えてくださった方は、
近所の川にクレソンがたくさん自生しているので、
鍋にできないかと思って考えたそうです。


夏の洋風みぞれ鍋の作り方


材料

2人分

  • 豚こま(バラやロースのスライス、切り落とし、牛肉でも可) 200g~300g

  • トマト(ざく切り)1個

  • クレソン(両手でひとつかみ。できればたっぷり)

  • 水 材料がかぶるくらい(600ml~1000ml)


【A】

  • 大根(すりおろし)1/3本

  • にんにく(すりおろし)1かけ

  • 料理酒または白ワイン 50cc

  • コンソメ(顆粒 大匙1~1.5)

  • 塩 適宜

  • 胡椒 適宜

  • あれば、各種ハーブ(タイム、ローズマリーなど) 適宜


1.大根は皮をむいてすりおろします。にんにくも同様。


2.トマトは皮ごとざく切りにします。


3.鍋に水を入れ、沸騰したらAを入れます。
あれば各種ハーブもここで加えます。


4.ひと煮立ちしたら豚肉を入れます。


5.豚肉の色が変わったら、2のトマト、クレソンを入れてさっと煮ます。


6.塩胡椒で味を調えます。


7.食べる(お好みで、ポン酢や柚子こしょうを添えても)。


作り方のポイント


調味料の分量は大まかなので、味見しながら調整してください。


トマトは皮ごと使ってもいいのですが、
できれば、湯むきしたほうが口の中に皮が残らず、食感がよいです。


冷えたビールはもちろん、白ワインや吟醸酒にも良く合います!


クレソン

鍋にするほどたくさんクレソンが手に入らない、
売っているものは高い、という方は、


最近よく見かける、わさび菜も
クレソンのようにピリッと辛味があるので、
同じように使えます。


クレソンなどの葉野菜は、火が通り過ぎるのがイヤ、
という方もいますので、食べながら入れていったほうがいいかもしれません。



スポンサードリンク




夏の洋風みぞれ鍋レシピ まとめ


大根は冬が旬の野菜ですが、
夏は辛味が増します。


同じように辛味があるクレソンと相性が良くてびっくり、
なのだそうです。


教えてくださった人のご家庭では
夏だからこそ楽しめるお気に入りの鍋で
人気、ということです。


難点は、さっぱりしていて、いくらでも食べられるので、
つい食べ過ぎてしまうこと。


ダイエット派の方は、豚肉を増やすのではなく
トマトやクレソンの量を増やすか、
豆腐や春雨を入れてもOKです。


シメにパスタを入れて、スープパスタにするのもgoodです♪
スパゲッティはもちろん、マカロニやフジッリなどのショートパスタも良く合います。


茹で時間二分程度のカッペリーニなら、
あらかじめ茹でずに直接鍋に投入して大丈夫です。


その他のパスタは、袋に書いてある時間よりも
1分程度短い時間で茹でてから
鍋に入れましょう。


特にマカロニやフジッリは、意外とゆで時間がかかりますので、
あらかじめ茹でたほうが、さあ、シメ、というときに
さっと食べられます。


試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント