オクラ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夏に食べたい!オクラのタイ風グリーンカレーの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

オクラレシピ

オクラを使ったタイ風グリーンカレーの
レシピをご紹介します!



和風イメージのオクラですが、
アフリカ原産の植物で
辛い料理との相性がいいんです。


グリーンカレーに入れると
独特の粘り気がグリーンカレーの辛さとマッチします。


オクラのタイ風グリーンカレー


材料

4人分


  • グリーンカレーペースト 50g

  • ココナツミルク 400g

  • オクラ 10本

  • 鶏肉(もも肉) 200g

  • サラダ油 少々

  • 塩 少々

  • ナムプラー 少々

  • コリアンダーの葉 好みの量


作り方

1.オクラは水洗いし、まな板に塩を撒き、転がして塩ずりします。
塩ずりして細かい毛を取ると口当たりがよくなります。


2.鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、塩ずりしたオクラをさっと茹でます。
色合いが鮮やかな緑色になったらすぐザルに上げるのがコツです。


3.鶏肉を一口大に切り、塩少々を振り下味をつけます。


4.フライパンを強火にかけ、サラダ油を敷きます。
切った鶏肉をこんがり焼き色が付くまで焼きます。
焼きあがったら、いったんフライパンから鶏肉を上げます。


5.フライパンにグリーンカレーペーストを入れ、
強火で香りが出るまで炒めます。





6.グリーンカレーペーストがダマにならないよう、
少しずつココナツミルクを加え、鶏肉を入れて弱火で一煮立ちさせます。


7.鶏肉が柔らかくなったところでオクラを入れ、
火を止めたら蓋を閉め余熱でオクラに火を通します。


8.食べる直前にナムプラーを入れ、味を調えて完成です。


食べるときに刻んだコリアンダーを好みで載せてください。
(苦手な方も多いので、別添えにしました)


作り方のポイント


オクラは粘り気や歯応えが大切な野菜です。
ガンボのように、あえて煮込むお料理もあるのですが、


今回は色や歯ごたえを残したかったので、
あまり熱を通しすぎてそれらを壊さないよう、
下ゆでをして、カレーに入れてからはさっと煮るだけ


にしました。


もしあれば、レモングラスやコブみかんの葉をくわえると、
さらにタイ料理らしくなります。



スポンサードリンク




夏に食べたい!オクラのタイ風グリーンカレー・まとめ


オクラは夏野菜の代表の一つであり、
ビタミンC、カロテン、ミネラル、カルシウム、カリウムなどを含みます。


おくらのネバネバ成分は、


多糖類のガラクタンやマンナン等がタンパク質と結合したムチンと
水溶性食物繊維のペクチン


からできています。


ムチンには、タンパク質分解酵素が含まれているので、
加熱しないで生でとれば、タンパク質の消化が促進されます。


また胃壁を保護して、傷ついた粘膜を修復する作用がありますので、
胃の調子がよくないとき、胃にやさしい食材です。


ペクチンは、植物の細胞をつなぎ合わせる働きをします。
ジャムなどとろみをつけるために加えられていますよね。


人の体の中では、
コレステロールを下げたり、
血糖値の急激な上昇を抑えたりする効果があります。


夏バテしやすい時期にとりたい栄養を
持っているオクラ、
いろいろな料理で活用したいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿