塩かつお カルパッチョ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

塩かつおのカルパッチョ仕立て

読了までの目安時間:約 4分

 

塩かつお カルパッチョ

かつおはたんぱく質、ビタミンB群が豊富で
低カロリーの食材。


たたきや刺身は、添えるツマや薬味さえ用意すればOKなので
手軽ですが、
そればかりでは飽きたな、という時にお勧めの塩かつおを
ご紹介します。




塩かつおって?


塩かつおといえば、もともとは西伊豆で食べられていた、
かつおを塩漬けにした(その後干すものもある)、保存食でした。


この塩漬けタイプの「塩かつお」「潮かつお」は
通販でも買うことができます。


それに対して、
かたまりで売っているかつおの刺身に塩をまぶしてしばらく置き、
余分な水分を出して、生臭みを除き、
味を濃縮させた、即席タイプの塩かつおは、
長くて数時間でできますので、


家庭で作れるレシピとして人気があります。

塩かつお カルパッチョ

かつおに塩をまぶしてから置く時間は
10分~3、4時間くらいまで、
レシピによってさまざまなのですが、


10分だと、さすがに中の身は刺身とほとんど変わらない
食感ですし、塩味もあまり入りません。


今回は、3時間置いて、
生ハムのようなもっちりとした食感になる
塩かつおの作り方をご紹介します。



塩かつおの作り方


【材料】

  • 刺身用かつお 300gくらい

  • 塩 大さじ2



【作り方】

1.刺身をパックから出したらさっと流水で洗って
キッチンペーパーでしっかり水分をふき取ります。


2.全体に塩をまぶして
新しいキッチンペーパーで包んでから
ラップをかけて冷蔵庫に入れて3時間寝かせます。


3.冷蔵庫から取り出し
表面の塩を流水で洗い流して
キッチンペーパーでしっかり水分をふき取ります。


※もうすこし、中が生っぽいほうが良い場合は、
2時間くらいで取りだして塩を洗い流します。


塩かつおのカルパッチョ仕立て


【材料】

3人分くらい

  • 塩かつお 300gくらい

  • 玉ねぎ 1/2個

  • セロリ 1本

  • トマト 1個

  • ベビーリーフ 適量

  • レモン汁 大さじ1

  • オリーブオイル 大さじ1

  • 黒こしょう 少々



【作り方】

1.玉ねぎ、セロリを薄切りにします。
玉ねぎは辛味が気になる場合は、さっと流水を通して
よく水気を切ります。

トマトはヘタを取って半分に切り、縦に5㎜幅くらいに切ります。

ベリーリーフは洗ってザルにあげて水けをきります。


2.塩カツオをできるだけ薄く切ります。


3.さらに玉ねぎ・セロリ・トマトと塩かつおを彩りよく並べ、
ベビーリーフを盛ります。

レモン汁とオリーブオイルをまわしかけて
黒胡椒を振ります。


スポンサードリンク



塩かつおのカルパッチョ仕立て まとめ


赤身の多いカツオは鉄分が多く、
糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促すビタミンB群も
豊富に含まれているので、


ダイエット中は積極的に摂りたい食材です。


塩かつおにすると、
普通の刺身やたたきとは違う食感が楽しめます。


すでにしおあじがついているので、
柑橘類や酢でさっぱりといただくのがおすすめ。


ご紹介したレシピは、保存食としては塩かつおの作り方ではないので、
買ってきた刺身用かつおの、消費期限を目安に食べきってください。





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント