初節句 ひなまつり ちらし寿司 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

初節句に赤ちゃんにもOKの「ひなまつりベビーちらし寿司」レシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

初節句ちらし寿司

そろそろ大人と同じように
ごはんを食べるようになった赤ちゃんなら
OKの、ベビー用ちらし寿司のレシピです。



初節句を迎える赤ちゃんのお母さんやお父さんは、
子どものために、特別なご飯を作ってお祝いし、
記念写真を撮ったり思い出を残したいですよね。


とはいえ、まだお子さんが小さくて離乳食時期だと、
何を食べさせていいのか悩んでしまうところ。


赤ちゃんのお世話をしながらでは、
手の込んだものはなかなか作れないのも実情ですよね。
そんなときにオススメのレシピです。


簡単だけれど彩りが美しくできますよ。


ベビーちらし寿司のレシピ


材料(一人分)

  • 軟飯 子ども用お茶碗一杯

  • 卵   1/2個

  • 生鮭  1/4切れ

  • 人参 2mm

  • ほうれん草 1本


作り方

1 軟飯を用意する。

子供用ご飯軽くお茶椀一杯に、
水大さじ3ほどを振り入れラップをし、


電子レンジで1分~1分半加熱し、
冷めるまでラップをしたまま蒸す。


電子レンジを使用しない場合は、
蒸し器で7分程度温めてください。


初節句ちらし寿司 レシピ

2 卵は溶きほぐし、ごく少量の油をフライパンにたらし、
キッチンペーパーなどで全体にのばし、
薄焼き卵を作る(しっかり火を通してください)。


これを細切りにし、錦糸卵にする。


3 生鮭は耐熱容器に入れラップをし、
電子レンジで30秒加熱。ひっくり返て更に30秒加熱する。


(加熱が足りないようなら、10秒ずつ様子をみながら追加してください。)
その後細かくほぐす。


電子レンジを使用しない場合は、
ひたひた程度のお湯で茹でてください。


4 ほうれん草はよく洗い根元を切り落とし、
沸騰したお湯の中で30秒ほどゆでる。
冷水にとり水気をよくしぼり、細かく刻む。


5 人参は花型にくり抜くか、包丁やハサミで花型に切り、
塩ひとつまみを入れた水からやわらかく茹でる。


5 軟飯をお皿に盛り、鮭を乗せ錦糸卵を散らし、
ほうれん草を彩りよく乗せ、人参を飾ってできあがり。


赤ちゃんなので、あえて酢飯にはしていません。
簡単なちらし寿司ですが、
彩りの綺麗な仕上がりになり華やかですよ。


スポンサードリンク



お子さんが卵白アレルギーの場合

実は、我が子が卵白アレルギーなのです。


それでも、少しずつ食べさせて耐性をつけていけば
克服できるとの診断だったので、
完全に除去はせず、卵黄を中心に食べさせています。


薄焼き卵は、卵黄に水小さじ1と、
片栗粉を小さじ1/2を入れ混ぜたもので作りました。


卵白が少しでも入ると症状がでるお子さんや、
卵の完全除去を医師に勧められている場合は、
卵の使用を避けてください。


アレルギーっ子をお持ちのお母さんお父さんは
ご苦労も多いかと思いますが、がんばりましょう!


ベビーちらし寿司のレシピ


ひなまつりには女の子をお持ちのご家庭では、
娘の健やかな成長を願いながら、
美味しいものを作ってあげたい。


それを食べて、元気に育って欲しい!
そう思うのが、親心ですね。


このレシピなら、赤ちゃんの分だけ
簡単に用意ができるので、


大人は大人のちらし寿司を作り、
一緒にひなまつりのお膳を楽しんでください


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント