初夏 イベント 紫外線対策

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

初夏・曇りの日も油断しないで!5月6月の屋外イベントの紫外線対策

読了までの目安時間:約 4分

 

初夏イベント日焼け止め

真夏になる前の5、6月、
それも曇がかかっている日は、つい、
紫外線対策も甘くなってしまいますが、油断大敵です。



お子さんが小学校に入って最初の運動会で
紫外線対策で失敗してしまった、という
30代ママの体験談です。


5月の運動会の紫外線対策で大失敗!


我が家の子供の運動会は毎年5月にあります。
幼稚園の時は9月下旬に開かれており、
まだまだ残暑厳しい時で夏からの習慣で日焼け対策はばっちりしていました。


小学校に入り、5月ということで油断していたのもあって、
帽子はかぶって日焼け止めも
出かける時に塗ったのですが、


帰宅してびっくり。


デコルテと足の甲が真っ赤に
日焼けしてしまっていました


服を脱いでもまるで着ているかのようにくっきり焼けていて
それから美白化粧水をつけたりケアをしたのですが、しばらく残っていました。


今は見慣れてしまったのだと思いますが、よーく見るとうっすら色が違っています。
完全には元に戻らないんですかね・・・


顔以外はUVカットの羽織りものがおすすめです



翌年からは帽子、ストール、サングラス、手袋にプラスして
日傘をさせる時はさし(グランド内では人も多く、邪魔にもなってしまうので
させないことが多いですが)


日焼け止めも持参して
こまめに塗るようにしていました。


運動会 紫外線対策 洋服もUVカットのパーカーやカーディガンがいいと思います。
帽子にストールに手袋・・・というのはとても暑いです。


5月でもずっと外にいるととても暑いので、UVカットの羽織物は、
機能だけでなく、通気性がいいものが多いのでお薦めです。


子供の競技を撮影する時以外は、日陰にいるようにしましたし、
お昼の食事の時も、うちの学校は体育館を開放してくれるので体育館で食べるように
しました。


そのおかげで気になるほどの日焼けはせずに済み、
それからは毎年完全武装で挑んでいます。


曇り空の時でも紫外線は晴天時とほぼ変わらないということを
化粧品売場のBAさんに
聞いたので、天気は関係なく防ぐことが大事だと思います。


運動会だけではなく、
この時期は、子供と一緒に
遊園地に行ったり、バーベキューなどのイベントがあることも多いですが、


同じように完全武装をするようにしています。


スポンサードリンク




5月6月の屋外イベントの紫外線対策まとめ


自分も首元や手を覆うとすごく暑く感じるほうなので、


帽子にストールに手袋は暑い

というのはすごく分かります。


紫外線を防げても、
気分が悪くなってしまうようではこまりますし、
羽織るものは通気性がよいものを選びましょう。


UVカット効果のある、薄手のパーカーなら
パーカーの部分を少し立てるようにすると
首の後ろも守れるかなと思います。


本当は、手首から先の「手」に
一番年齢が出やすいので
そこは手袋で守りたいところですが・・・


どうしても苦手なら手の甲にも
まめに日焼け止めを塗る、ということで
対策したいですね。


参考にしてみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント