あさり 冷凍 保存

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

凍ったまますぐ使える・あさりの冷凍保存方法

読了までの目安時間:約 5分

 

あさり 冷凍

春が旬のアサリをたくさん買ったり
潮干狩りでたくさん採った時には
冷凍保存ができます。




冷凍する前に砂抜き


殻ごと冷凍、むき身で冷凍、
どちらの場合も


まず砂抜きをします。


砂抜きとは、あさりが海にいるときに
体に取り込んだ砂を吐き出させることですが、


冷凍するとあさりは死んでしまいますので、
後から砂抜きはできません。



  • あさり 300gくらい

  • 水 300ml

  • 塩 小さじ2弱



バットなどの平たい容器に
あさりどうしが重なり合わないように入れて


3%濃度の塩水をあさりがヒタヒタに
なるくらいまで入れ、


広告や新聞紙などをかぶせて(暗くするため)
ラップをし、冷蔵庫に入れます。


時間は、買ってきたあさりで2、3時間
潮干狩りで採ってきたあさりで1番が目安です。


このとき、カルキ分ができるだけ少ない水が
望ましいので、


浄水器を通した水や、
一晩汲み置きして冷蔵庫に入れておいた水
を使うとベター。


あさり 冷凍

また、あさりに砂抜きさせる時、
ブドウ糖が加わるとあさりのうまみが増える
そうなので、


300mlの塩水に対して、
はちみつを、箸の先2㎝強つけて
垂れない程度の量入れても良いです。


殻ごと冷凍する場合


砂ぬきしたあさりを殻ごと冷凍するには
塩水から上げてあさりの水気をふき取り、


冷凍保存用のジップ付きポリ袋に入れて、


金属トレーの上にあさりを入れた保存袋を
できるだけ平らに置いて
冷凍庫に入れます。


金属トレーを使うのは、熱伝導率がよいため
あさりを急速冷凍することができるからです。



ですから保存袋に入れるあさりの量は
平らにして重なり合わないくらいにします。


冷凍あさりの調理の仕方


殻ごと冷凍したあさりは
凍ったまま、強火で一気に過熱して
使います。


おみそ汁なども
凍ったまま沸かした出汁に入れます。


なお、強火で一気に過熱して
冷凍あさりが開かない、という場合、


半開き程度であれば問題はありません。


まったく開かなかった場合も
ニオイがおかしくなければ大丈夫、
といいますが、味がよくないことも多いので、
無理に食べない方が良いそうです。


むき身の冷凍方法


生の(生きている)あさりの殻を開けて
身を出して冷凍する、


という方法もあるのですが、


加熱してからむき身にして
冷凍することもできます。


耐熱容器にあさりが重なり合わないように並べて
ラップをかけ、600wのレンジで2~3分、
殻が半開きになるまで加熱します。


レンジから取りだして
小さなスプーンで身を取りだし、
容器に残った汁ごと、


冷凍保存用の袋にいれて冷凍します。


加熱してむき身にしたあさりは
自然解凍してから
クラムチャウダーやあさりご飯などに
使っても、


凍ったまま加熱してもOKです。



スポンサードリンク



保存期間は?


家庭で冷凍したあさりの保存期間の目安は
約2ヵ月間です。


ただし、家庭の冷凍庫は
開け閉めの状況や、
他にどれくらいモノが入っているかによって


中の温度が変わってきますので、


2カ月以内であっても
調理したときのニオイなどを
確認して食べてください。


凍ったまますぐ使える・あさりの冷凍保存方法 まとめ


生のままのあさりは日持ちがしませんが、
冷凍すると2カ月くらいは保存ができますので、
ぜひ活用してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント