冷や汁 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

冷やご飯ダイエットに「冷や汁」おすすめバリエーション!

読了までの目安時間:約 4分

 

冷汁

from: 小西はるか
@青山のスタバ

冷やしご飯ダイエットにぴったりの「冷や汁」
のバリエーションをご紹介します。



こんにちは。


冷やしてレジスタントスターチを増やした冷ご飯を
食べるだけ、という簡単な「冷ご飯ダイエット」。


ご飯が冷えていれば、おかずや味噌汁は温かいものでいいのですが、
夏はさっぱりと、冷たい汁物を組み合わせるのがおすすめです。


前の記事で宮崎の郷土料理「冷や汁」をご紹介しましたが、
冷や汁はいろいろなバリエーションで楽しむことができます。


今日はダイエットにぴったりの、
代謝もアップするショウガたっぷり冷汁
をご紹介しますね。


代謝もアップするショウガたっぷり冷汁


材料

1人分

  • 冷やご飯 1膳より少し少なめ

  • キュウリ1本

  • 木綿豆腐 半丁

  • みょうが 1個

  • オクラ 2本

  • 水 200cc

  • 味噌 大さじ1

  • 醤油 少々

  • 昆布だしの素 少々

  • チューブのショウガ 2cm

  • ゴマ小さじ1

  • 鰹節 少々

  • 刻みのり 少々


作り方

1.水に味噌と醤油、昆布だしの素、ショウガを入れて良く混ぜ、味見をしておきます。

2.豆腐は1cm程度のサイの目に切っておきます。

3.オクラは20秒くらいチンして、食べ易い好みの厚さにスライスしておきます。

4.キュウリは軽く塩もみして、薄くスライスしておきます。

5.ご飯を大きめの丼に盛り付けます。

6.ご飯の上に豆腐、オクラ、キュウリを乗せて、1で混ぜた汁をかけます。

7.鰹節とゴマ、刻み海苔をかけて、出来上がりです。


作り方のポイント


味噌がダマになると美味しくないので、汁を良く混ぜるのがポイントです。


しっかりと味がついていて、腹持ちが良いので
忙しい朝にもお勧めです。


普通、冷や汁は熱湯で味噌をといたり、一度火を通した味噌汁を冷やしたりするのですが、
暑い日に火を使いたくない、時間がない、というときには、
水で直接といてしまってもそれなりにおいしいですよ。


少なめの熱湯で溶いて、氷を入れる、という方法もあります。


スポンサードリンク




オクラとキュウリは、シャキシャキした歯ごたえを楽しみたければ、
生のままのスライスでもOK。


ピリッと辛いのが好きな方はラー油を少量たらすとおいしいです。
暑い日に辛いものはパワーが出るような気もします。
おすすめは、こちら。




九条ねぎが入っていて香りがよいです。


卵の黄身だけを最後に落として食べていることもあります。


冷やご飯ダイエットに「冷や汁」おすすめバリエーション!まとめ


冷やご飯ダイエットでは、ご飯は冷蔵庫(4~5度)に一晩入れて冷たくして
レジスタントスターチを増やしますが、


そのままでは冷たすぎ、固すぎ、と思う方は冷蔵庫から出してしばらくおいて
室温程度までもどしても効果は変わりません。


テーブルの上に鰹節やゴマ、海苔は置いておけば
各自でかけて食べられるし、
その他いろいろなトッピングも食べる人がアレンジできます。


生姜はチューブタイプが手軽ですが、、
もし生の生姜があれば摩り下ろして使ったほうが
香りがよいです。


試してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント