いわし レシピ 梅生姜煮

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

冷たくしていただく、いわしの梅ショウガ煮

読了までの目安時間:約 4分

 

いわし レシピ

from: 小西はるか
@渋谷のスタバ

いわしを使ったレシピの定番、梅ショウガ煮です。


スポンサードリンク



いわしの梅ショウガ煮


いわしは、ビタミンEや、DHA、EPAが豊富で、
栄養満点、生活習慣病の予防法にも効果的です。


一年中安く手に入る優秀な食材のうえに、
頭を落として内臓を出すだけなら初心者でも簡単に手です。
新鮮ないわしを店頭で見かけたら、ぜひ、作ってみて下さい。


材料

2人前

  • いわし 4匹 

  • 水 200CC

  • 酒 大さじ2

  • 醤油 大さじ2~3

  • 味醂 大さじ1

  • すりおろしショウガ 大さじ1

  • (生ショウガの場合は1かけ分を皮をむいてスライスします)

  • 梅干 1個


作り方

1.いわしはウロコと頭を取って、腹を切り落とし内臓や血を包丁でかき出します。
きれいに洗い、キッチンペーパーで水気を拭きます。


2.鍋に、調味料を合わせて火にかけ、煮立ったら、すりおろしたショウガと、
手で軽く潰して種を取った梅干を入れ、いわしが重ならないように並べます。


落とし蓋をして、沸騰したら弱火で煮て、時々鍋をゆすりながら、
煮汁が少なくなるまで20分くらい煮詰め、そのまま冷まします。


3.冷めたら食べるまで、冷蔵庫で冷やしておきます。


作り方のコツ・ポイント





煮魚は魚同士が重ならないように鍋に並べたいので、
こんなふうな、平らな形の鍋が向いています。


いわしは、鮮度が落ちやすいので、煮魚にする場合も
特に夏場は刺身用を買った方が安心。
いわしを扱うときにはできるだけ手早くした方がいいです。


ショウガは、生のものをスライスして入れるレシピが一般的ですが、
忙しい時や生のショウガを切らした時など
チューブに入った市販のすりおろしショウガを常備していると便利だと思います。


いわしの切り落とした頭、取り出した内臓は、新聞紙にくるんで、
ゴミを出す時まで冷凍しておくと、匂いが気になりません。
これは他の魚をさばいたときも同じなので参考にしてくださいね。



スポンサードリンク



いわしの梅ショウガ煮のレシピ・まとめ


食欲のない暑い日も、冷たくて、さっぱりいただける、
夏のオススメレシピです。


圧力鍋を使って煮れば骨まで食べることができます。
圧力鍋を使った作り方は
こちらを参照してください。


圧力鍋がない場合は、普通の鍋で煮るこちらの作り方でも、中骨は固いですが、


十分、おいしくいただくことができますので
ぜひおためしください。


いわしなどの青魚に含まれるDHA・EPAには、
悪玉と言われる、LDLコレステロール値を下げる働きや
血液中の中性脂肪値を下げるなどの効果があり、


とくに内臓脂肪を減らすことに効果があります。


いわしは手に入りやすい食材なので、
食べて脂肪細胞を減らしてくれたら、こんなにうれしいことはないですよね。


またいわしに含まれているヒスチジンは
満腹感を与えて食欲を押さえる作用もある、
と言われています。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント