カジキ マリネ 南蛮漬け

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

作り置きできるカジキと夏野菜のマリネ

読了までの目安時間:約 4分

 

カジキ マリネ 南蛮漬け

カジキを使い、揚げずに作れる南蛮漬け風のマリネ。
冷蔵庫で3日くらい保存できますので、
冷たく冷やした状態でいただくのもおいしいです。


スポンサードリンク



カジキってどんな魚?


カジキマグロ、という名前で売られていることもありますが、
マグロとは別の魚です。


世界中に12種類程度がいる、とされるカジキのうち、
日本ではメカジキ、マカジキが良く食べられています。


全体的には高たんぱく・低脂肪の食材で、
特に脂肪が多い部位を「トロ」として売っていることもありますが、


その他の部位の切り身は加熱するとパサつきを感じることもあります。


ですので、今回ご紹介するようなマリネ・南蛮漬けや
ゴマダレなどと合わせると食べやすくなります。

カジキ 切り身

メカジキと夏野菜のマリネ


【材料】

2人分

  • カジキ(切り身) 2切れ

  • 玉ねぎ 1/2個

  • ピーマン 1個

  • ミニトマト 5個

  • 酢 大さじ2

  • 醤油 大さじ1

  • 砂糖 小さじ1

  • ゴマ油 小さじ1

  • 生姜 1かけ

  • サラダオイル 大さじ1

  • 塩 こしょう 少々

  • 片栗粉 適量



【作り方】

1.カジキの切り身を流水でサッと流して
キッチンペーパーに包んでおきます。

ボウルに、酢、醤油、砂糖、ゴマ油を入れて混ぜ、
生姜をすりおろし入れます。

※生姜はチューブのおろし生姜小さじ1/2~でもいいです。
量は好みで加減してください。


2.玉ねぎを薄切り、ピーマンはヘタとタネをとって縦に細切り、
ミニトマトはヘタを取って縦に1/2に切ります。


3.カジキを一口大に切り、塩こしょうを振り、
片栗粉を薄くまぶします。


4.フライパンにサラダオイルを入れて中火にかけ、
カジキを入れて両面に焼き色がつくまで焼きます。
火を弱めて中まで火を通します。


5.カジキを調味料を合わせたボウルに入れます。
野菜も入れて全体を混ぜます。


6.ラップをして冷蔵庫に入れ
30分くらい置くと味が浸みます。



スポンサードリンク




3日程度持ちますので、
しばらく保存する場合は密閉容器に移しても
よいです。


作り置きできるカジキと夏野菜のマリネ まとめ


魚料理が苦手、という方もいると思いますが、


切り身魚はすぐに調理ができますし、
カジキの切り身には皮もついていないため、
お肉とおなじような感じで扱えます。


暑い夏、作り置きができる料理は、
涼しい時間帯に作っておいて
食べるときにすぐ出せるのがいいですね。


片栗粉をまぶすことで
パサパサしがちなカジキがしっとりした食感に仕上がりやすいです。

また味も絡みやすくなります。


野菜類は、セロリや、ミョウガなどの
香味野菜を加えてもおいしいです。




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント