羊山公園 病後 高齢者

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

体力がない人、病後の人が羊山公園・芝桜の丘を楽しむには?

読了までの目安時間:約 6分

 

芝桜の丘

病後、療養中などの方が
羊山公園「芝桜の丘」を
楽しむための情報です。



ある方の
体験談からお話します。


羊山公園までのアクセス・駐車場事情は?


私は、数年前に大病を患ってしまった事により
現在は自宅療養中の身であり
闘病生活の最中精神面においても大分参ってしまっていました。


そんな私を気遣ってくれた、
羊山公園に行った事がある知人や友人、両親の勧めがきっかけとなり
初めて羊山公園の芝桜の丘へと出掛けました。


2014年の4月上旬頃に、混雑を避けるために
朝7時頃に埼玉県ふじみ野市にある自宅を出発して
両親と一緒に自家用車で出掛けました


休日だった事もあり、途中の多少の混雑は間逃れませんでしたが
事前に渋滞などの混雑状況を把握した上で


時間に充分なゆとりを持ち
予め朝早く出発しました。


途中は父親の指示ので裏道を使う等の工夫をして移動したので
長距離の渋滞に巻き込まれたり、工事や事故による影響を受けずに済み、
約2時間弱で無事に到着する事が出来ました。


しかし、
開園時間からそれほど時間が経っていなかったにも関わらず
駐車場は満車だったため空きが出るまでの間数十分程待ちました。


その後、一台分だけ空きが出たのでその場所に止めましたが
現地の警備員さんの数が少なかった上


に駐車スペースが狭かったため、
なかなか思うように動けず
駐車するのに通常よりもいくらか時間が掛かってしまいました。


また、帰りに駐車場を出る際も駐車した場所が坂になっていて、
隣の車との距離が約数センチの幅しかなかったため
何度もハンドルを切る必要があった分時間が掛かってしまいました。


2014年4月上旬の開花状況



開花状況に関しては、
体験のある知人や友人や両親からも情報を集めたり
両親と一緒にパソコンで事前に公式サイトで確認し、


見頃と掲載されていた4月上旬に決定しましたが
実際に現地へ行って見てみたら八分咲き程度だったので
満開を想像していた分少しだけ残念な気持ちになりました。





それでも、八分咲きとは言え大変見応えのあるものでした。


と言いますのも、色の濃いものから薄いものまで色鮮やかな芝桜
が辺り一面に咲いていて非常に美しいグラデーションになってためです。
とても感動しました。。


写真撮りながら約1時間弱掛けて一周したのです
公園の敷地が広いので非常に良い運動にもなりました。


遠目でみても、
花一つ一つを見ても非常に綺麗なものでした。


昼食はどうする?


駐車場から羊山公園まで数十分掛けて坂道を登って行ったのですが
道中に老舗の風情漂う飲食店が一つありました。


そこの従業員であるお婆ちゃんが親切で
優しく温かい笑顔で迎えて下さり朝早かった為肌寒かったですが
その方の気配りのお陰で一瞬にして心が温まりました。


また、芝桜の周囲には道に沿って珍しい種類の木々や葉や花があるだけでなく
数種類の花を販売していたり数匹の羊と触れ合える場もあり
楽しめる機会が多くありました。


お昼ご飯は、手作り弁当やコンビニ等で買ったおにぎりや飲み物を持参し
小春日和の中、澄んだ空気を吸いながらベンチに腰を掛け
親子で仲良く食事しました。


多くの自然に触れられ全身で春を感じられ、
際に持病への良い影響も得られました。


協力して下さった知人や友人や
素敵な場所へと連れて行ってくれた両親にも感謝の気持ちで一杯です。


ぜひ、また足を運びたいと思います。
老若男女問わず、非常にお勧めです。


次回気を付けたい店を強いて申し上げるとすれば、
4月下旬くらいのほうが、
9分咲きや満開の芝桜を一望出来たであろうと思います。



スポンサードリンク



体力がない人、病後の人が羊山公園・芝桜の丘を楽しむには・まとめ


羊山公園は秩父駅、お花畑駅からは徒歩で25分程度かかります。
また、駐車場もこちらの体験談のように公園のすぐちかく、
というわけではありません。


体験談の方は、療養中といっても
積極的に歩くようにされていたようですね。


駅や駐車場からのバスの運行はないので、
歩くのはちょっと・・・という場合は、
タクシーを利用することになります。


芝桜の丘はかなり広く、
ところによっては坂もあり、中を見るのもかなり
歩きます。


公園では車椅子の貸し出がありますので、
必要な場合は、芝桜の丘救護所で借りましょう。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント