日傘 選び方 差し方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

今の使い方では効果なし?日傘の選び方差し方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

日傘 選び方 差し方

最近では男性にも広まりつつある日傘ですが、
使い方によっては効果が半減してしまうことも。


正しい日傘の選び方、差し方とは?



日傘の選び方


まず、第一に
UVカット率が高い日傘を選びます。


日本洋傘新高校議会(JUPA)が定める基準では、
遮光率が99.00%以上の傘=遮光傘
遮光率99.99%以上の傘=1級遮光傘となっています。



また、100%UVカットを謳っている日傘もありますね。


つぎに、日傘をさす目的としては
熱射病予防のため、
「太陽光の熱を防ぐ」という機能も大切です。


熱を防ぐ機能=遮熱率は、
色は白に近いほど熱を遮る効果が高く、
生地の目が細かいものや三層構造などのものほど熱を遮る


ようになっています。


紫外線防止効果の高い色ってあるの?
白の方が遮熱性が高い、と書きましたが、
「紫外線をカットできるのが黒では?」
と思った人もいると思います。


実は、色「だけ」で紫外線を一番防止できる色は
黄色なのです。



何もつけていない素肌に比べ、31.4倍の
紫外線防止効果があります。


黒は21.1倍ありますので、
黄色よりは低いですが
高い紫外線防止効果があります。



白は3.7倍とかなり低くなってしまいます。


ただし、


この数字は「UV加工していない場合」の色のみの
紫外線防止効果です。


UV加工してあれば白も黒もほとんど違いはありません。

日傘 選び方 差し方

ただし、傘の内側は黒い色である方がいいのです。
その理由は・・・?


傘の内側は黒!


傘の内側の色は黒をお勧めするのは


地面や建物の壁から反射した紫外線を防ぐためです。


内側が白っぽい色やシルバー色だと
光を可さの内側に集めてしまいます。


外側が白、内側が黒の日傘なら
熱と反射光の両方を防ぐことができますね。


日傘には寿命があります


夏の終わりになると、
主婦向け雑誌や昼間の情報番組で


日傘のお手入れ、しまい方


が特集されますが、


丁寧に扱っていても
日傘の紫外線カット機能には寿命があります。


製品によって違いますが
2年から長くても5年経過すると
UVカット加工の効果は期待できません。


その場合、できるだけ色や生地の目の細かさなどで
UVカット加工以外の紫外線カット効果がある傘なら
寿命に近くなっても安心です。


大切なのは差し方


機能の高い日傘を持っていても
雨傘のように顔や体から話していると
紫外線を棒することができません。


視界を遮ってしまっては危険ですが、
できるだけ顔や体に近い位置で差しましょう。


安全のためにも、日傘だけで紫外線を防止しようとせず、
日焼け止めやサングラスを併用するのがいいですね。




スポンサードリンク



今の使い方では効果なし?日傘の選び方差し方は? まとめ


女性にとっては夏のマストアイテムである
日傘ですが、


選び方や使い方によって
紫外線をカットする効果が減ってしまうので、
注意してください。


高機能を謳った高価な日傘もありますが、
寿命は数年・・・と考えると
ちょっと切ないですが、


シミができてしまってから
コスメやエステ、プチ整形にかける
お金に比べれば投資できるかも?


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント