香炉庵 黒糖どらやき 帰省みやげ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

上品な甘さ香炉庵の黒糖どらやき、電車で横浜駅から帰省する際便利です!

読了までの目安時間:約 6分

 

香炉庵 黒糖どらやき

from: 小西はるか
@青山のスタバ

横浜からの帰省の手みやげに
おすすめの「香炉庵の黒糖どらやき」



こんにちは。


横浜に在住の人の帰省におススメのスイーツは
香炉庵の「黒糖どらやき」です。
香炉庵は元町に本店を構える老舗和菓子ショップです。


横浜在住の主婦の方に、
ご紹介いただきました。


横浜そごうで買える、香炉庵の黒糖どらやき


横浜といえばシウマイや豚まんがお土産の定番ですが、
何度か帰省するうちに選択できるお土産の種類が減ってきました。


私は長年横浜在住で、横浜の地元民には有名な香炉庵のどらやきを
去年の帰省の時に持っていったら喜ばれました。


以前は元町の本店まで行かないと買えず、
私は30代の主婦なので時間には余裕があっても、


香炉庵の本店は元町の駅から少し歩くので、
帰省の暑いシーズンにそこまで歩くのは気が重くなりました。


しかし最近、横浜そごう(横浜駅東口)の地下フロアに香炉庵が入り、
こちらで購入できるようになりました。


もちろんそごうでは本店ほどの品数はないのですが、
黒糖どらやきは購入できます。


JR横浜駅から地下街(ポルタ)を取って行けるので雨天時でも安心ですし、
何より暑くはありません。


少々お高めですが、納得の味です


黒糖どら焼きの大きさは若干小さめサイズです。
一つのお値段は170円と少々サイズよりの割に高い感じがしますが
一口食べればこの値段も納得です


どら焼きの最大の魅力は中のあんこです。
小豆は北海道産をこだわって使用しているだけあって、
他ではあまりみない小豆自体の風味を感じることのできるあんこです。


甘すぎず、砂糖の力に頼り過ぎず小豆本来の甘さを引き立てるために
砂糖が使用されているといった感じです。


さらにどら焼きの皮は柔らかすぎず硬すぎずの抜群の安定感をもった生地です。
生地には沖縄産の黒糖を使用しているので、
口に入れた時に鼻から黒糖の風味を堪能できます。


北海道と沖縄、両端の地域にありながらここまで生地とあんこが
お互いを助けあっていることに驚嘆です。


主人の実家は、父母(共に60代後半)の二人暮らしなのですが、
両親からこんな上品などら焼きは食べたことがないと大変喜ばれました。


父母は年を取ってきて、食べる量も少なくなってきたらしく、
もう少し食べたいくらいで食べ終わるのがちょうどいいとのことでした。


少食の二人に一度封を開けたら食べきらなくてはならないものは、
かえって迷惑になるということを考え、


去年の帰省ではどらやきを自分たちの分(3個)と両親の分(2個)を購入しました。
少し少ない気もするのですが、ちょうど良かったのことでした。


今度からこれにしてほしいとまで言われました。


もともと甘党の両親ではなかったので、
スィーツは帰省土産に選ぶことはなかったのですが、


こちらのどら焼きは自分たちが食べて、
甘さが控えめで小さめサイズなので両親にも喜んでもらえるのではないかと考え
思い切っての購入でした。


ただこのどら焼きは日持ちがしないので(どら焼きの日持ちは1日だけ本店の方が長い)、
その点が難点ですが、JRの横浜駅から10分もあればそごう(そごうの開店は10時)に着くので、
電車の乗り換え時間に余裕を持てば、購入してから帰省できます。


お店の面積は小さいですが、特に並ぶことはありません。
お客さんは常に2~3人程度なので、購入に時間はかかりません。


私たちが帰省の時は、開店と同時に購入するので、
売り切れていることはまずなく、予約などしたことがありません。


香炉庵黒糖どらやき


夕方に購入したことはないので、どのくらいの時間に売り切れるかはわかりません。


帰省先は限りなく埼玉県に近い東京なので、
電車に乗る時間もそんなに長くはありませんが、
店員さんに持ち歩き時間をいえば保冷剤をしっかり入れてくれます。


上品な甘さはこれからの定番お土産になりそうです。


今年は車での帰省の予定なので元町の本店にどら焼き以外の甘すぎないスィーツとして
横浜元町あんプリン(抹茶)も購入してみようと考えています。


こちらは冷蔵庫で2日日持ちするので、一日目はどら焼き、2日目は抹茶プリンと
楽しんでいただけると思います。


本店には駐車場がないので、車で行かれる場合は、
近隣のコインパーキングを事前に調べておくのがおススメです。


上品な甘さ香炉庵の黒糖どらやき・まとめ


ご紹介いただいた文章が、とってもおいしそうで、


私はどらやきは、日本橋の「うさぎや」と決めているのですが
香炉庵の黒糖どらやきをたべてみたくなりました。


文中にもありましたが、
日持ちが2、3日、ということなので、
帰省みやげとしては、その点がちょっとひっかかる方もいると思います。


どら焼きはやはり生地のふんわりした感じがおいしいので、
やはりできるだけ早くいただきたいものですよね。


ですから、たくさん持って行って親戚みんなに配る、のではなく、
家族の分買っていって、
お持たせで一緒にいただく、というのがいいのではないでしょうか。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント