上司 お中元

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

上司からのお中元のお返しに地元の名産品を贈った【体験談】

読了までの目安時間:約 4分

 

上司お中元お返し

会社の上司からお中元をいただいた場合、
お返しはどんなものをしたらいい?



長崎県の30代主婦の方に
体験を伺いました。


夫の会社の上司からお中元をいただきました


夫はある会社で事務の仕事をしてるのですが、
昨年の夏、転勤して来られたばかりの上司から
お中元をいただきました。


いただいたものはジュースの詰め合わせでした。
うちには子供がいるので
恐らくそれを考慮してくださったのだと思います。


箱を開けると子供でも飲めるような
栄養価の高い野菜ジュースが何本も入っていました。
実際野菜ジュースは毎日飲むので大いに助かりました。


ですが、上司からお中元をいただくなど初めてで恐縮しました。
夫の話によると、その方は転勤してきたばかりで
不慣れなため、


部下に迷惑をかけているだろうからということ
贈られたようです。


その話を聞いて何という謙虚な方だろうと思いました。


妻として一応お礼の電話をしたものの、
受話器を置くと同時に、


さてお返しは何にしようかと考え始めました。


長崎の名産、練り物をお返しにしました


夫は何年も会社勤めをしてきて、何度か上司も代わっている
ようですが、


これまで上司のお中元へのお返しなど
したことがなかったので悩みました。


あまり安いものでは失礼ですし、
かといっていただいたものより高価なものでも
いけないだろうと考えました。


上司の優しい心遣いに応えられるような品物はないかと、
夫とあれこれ考えました。


お酒が好きな方ならお酒を贈るのですが、
夫の上司はあまりお酒は好まないらしいのです。





そこで考えた結果、地元の名産を贈ることにしました。
私の住んでいるところは長崎県ですが、


名産品のひとつに練り物(ちくわやかまぼこ)があります。
長崎県に来られたばかりなのでまだ召し上がっていないだろうと思い、
この名産品を贈りました。


その後奥様からお電話をいただき喜んでくださったので、
ほっと一安心しました。



スポンサードリンク




上司からのお中元のお返しに地元の名産品を贈った・まとめ


上司からお中元をいただく場合というのは、


こちらの体験のように転勤の挨拶であったり、
さきにこちらから贈った出産祝いのお礼であったり、


となにか別の理由があることがありますね。


目上の人へのお礼、という本来のお中元の意味とは
ちょっと違いますが、
日本では、お中元・お歳暮が贈り物の機会なので、


こういうタイミングになってしまう、ということなんでしょう。


このように理由がはっきり分かる場合は、


お礼の連絡、手紙、
半額からいただいたものよりも
少し下の価格のお返しをすればいいと思います。


練り物は、消費期限が短いので、
お返しに贈るのはタイミングや
量の加減などが難しいですが、


地元の特産品は喜ばれそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント