イワシ レシピ マリネ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

レモンたっぷり!火を使わない、いわしの夏バテ防止レシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

イワシ レシピ

from: 小西はるか
@青山のブレンズコーヒー

夏にぴったりな、火を使わないいわしのさっぱりメニュー



いわしのレモンたっぷりマリネ


いわしは、栄養価が高く、幅広い料理に使えてお値段もお手ごろ。
一年中売っていますが、旬は夏です。


新鮮ないわしは生で食べることもできるので、
火を使わずに料理できる点もよいですね。


材料

4人分

  • いわし 4匹

  • レモン 2個

  • 玉ねぎ 2個

  • かいわれ大根 1パック

  • 大葉 5枚

  • オリーブオイル 大さじ2

  • 塩 少々


作り方は

1.いわしは手開きにしてから骨を取り、3枚に開きます。
水でざっと流し、キッチンペーパーで水気を拭き取っておきます。


バットにキッチンペーパーを敷き、いわしを置いて塩をふり、
上にもキッチンペーパーを乗せて、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。


2.玉ねぎとレモンをなるべく薄くスライスし、
玉ねぎは水にさらしておきます。


3.玉ねぎの水気をよく切って、いわしを冷蔵庫から取り出します。


4.深めの容器に、玉ねぎ、レモン、いわし、レモン、玉ねぎの順に敷き、
冷蔵庫で2~3時間寝かせます。


5.食べる直前に大葉を千切りにし、
お皿に盛りつけた玉ねぎ、レモン、いわしの上に乗せて完成です。



スポンサードリンク




作り方のコツ


いわしは足が速いので、マリネのように生食する料理では
刺身用を買ってきてその日に使ってください。


調理するときの注意点は、いわしや玉ねぎの水気をよく切ることです。
水っぽいとレモンのエキスが浸透しにくく、味がぼやけてしまいます。


ポイントは、玉ねぎとレモンををなるべく薄くスライスすることです。
包丁でやってもいいですが、スライサーがあると、
素早く大量に作ることができて便利です。


彩りに、ミニトマトを添えると華やかな雰囲気になります。


もし手には入ったらメイヤーレモンを使うと、
普通のレモンとは違う、マイルドでフルーティな酸味で
いただくことができます。





お試しください。


レモンたっぷり!火を使わない、いわしの夏バテ防止レシピまとめ


火を使わずに、食欲のない夏でもさっぱりといただけるメニューです。


夏は水分不足になりがちでどろどろ血液が危険な時期でもありますが、
いわしの豊富な栄養素に、玉ねぎの血液サラサラ効果が加わり、
レモンのクエン酸は食欲増進や夏バテ防止にもなります。


いわしには、カルシウムとカルシウムの吸収を助ける
ビタミンDが両方含まれているため、
骨粗鬆症の予防効果がある他、


いわしに含まれる脂分であるEPAやDHAは
血液をサラサラにして動脈硬化を予防したり、
虚血性の認知症の予防になります。


また、コエンザイムQ10やビタミンBが多く含まれており、
女性に嬉しい美肌や美髪にも効果があると言われています。


さらに、こちらの記事に書いたように、
イワシに含まれるアミノ酸化合物、ヒスチジンにはダイエット効果もあるんです。


さっぱりいただけるマリネで野菜といっしょに
たっぷりいただいてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント