エッグロスコ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

NY発の行列店の人気メニューエッグロスコの再現レシピって?

読了までの目安時間:約 5分

 

エッグロスコ レシピ

NY発の卵料理専門店「egg(エッグ)」の人気メニュー
「エッグロスコ」、
自宅で再現するレシピって?



エッグロスコとは?


エッグロスコは、
「egg(エッグ)」の看板メニューで


デニッシュタイプのローフ(食パン型のパン)
を厚めにスライスし、


くりぬいた中に卵を入れて
ホワイトチェダーチーズをかけ、


卵が半熟状態になり、
チェダーチーズが溶けるまで焼いたもの。


お店で食べるには


まずはお店でどんなものか食べてみないと!という人へ


現在、エッグロスコを提供するお店は
日本では、


2017年4月21日にオーブンした、
「egg(エッグ)」日本1号店のみです。


住所:東京都豊島区西池袋2-37-4 としまさん業振興部らざIKE・Biz
営業時間:午前8時~午後9時(ラストオーダー午後8時半)
定休日:不定休
電話:03-6811-1162


平日の14時ごろ、
ランチを外した時間帯なら普通に入店できた、
という口コミもありました。


エッグロスコは単品メニューで1,944円です。

エッグロスコ 作り方

エッグロスコのレシピ


【材料】

1人分

  • デニッシュ系の食パン(4枚切りくらいの厚み) 1枚

  • ホイワトチェダーチーズ 好きなだけ

  • 卵 1個



【作り方】
1.パンの中央をセルクル型などで
丸くくりぬく。

(型がなければ包丁で四角く穴をあけてもよいです)


2.フライパンにうすくオリーブオイルをしいて
穴をあけたパンを置き、
弱火にかけて穴に卵を割りいれます。


3.片面がやっと卵が固まった、くらいになったら
ひっくりかえしてもう片面も表面を固めます。

4.フライパンからパンを取りだし、
片面にホワイトチェダーチーズをのせて
オーブントースターで
チーズが溶けるまで焼きます。


5.ミニトマトやほうれん草のソテーなどを添えて
皿に盛りつけます。


作り方のコツ


材料は、パン、卵、チーズのみ。


お店の味に近づけるには、
この少ない材料にこだわりましょう。


食パンやピザ用とろけるチーズでも
らしいものは作れますが、


エッグロスコは、
デニッシュパンの「層状になっている生地」が


半熟の卵の黄身と
ホワイトチェダーチーズ、という重めの味を
支えている、というのが食べた人の感想。


せっかくですから、


ミヤビなどの、デニッシュタイプの食パンを
使ってください。


ブリオッシュ生地は
バターや卵が多い、という点では
デニッシュに似ていますが、


「層」がありません。


ホワイトチェダーチーズは
大きめのスーパーの輸入チーズ売り場などにあります。


生卵を直接パンの穴に入れてオーブンで焼くよりも
ある程度固まっていたほうが
家庭では作りやすいので、


ご紹介した、フライパンで焼く方法、


または、


ポーチドエッグを別に作って
それを穴に入れる方法



で作ってみてください。


スポンサードリンク




NY発の行列店の人気メニューエッグロスコの再現レシピって? まとめ


脂肪分たっぷりで、
普通に朝食に食べるには重いかな、とか


カロリーも気になる
エッグロスコですが、


卵の黄身と
ホワイトチェダーチーズの


2種類のトロトロと


オーブン(オーブントースター)で
焼いてさくっとした
デニッシュ生地の愛称が
抜群、


なので、試してみてくださいね。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント