おからとバナナの蒸しケーキ,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

食物繊維豊富なおからとバナナのヨーグルトケーキ

読了までの目安時間:約 4分

 

おからバナナ蒸しケーキ

非水溶性食物繊維が豊富なおからと、
水溶性食物繊維が豊富なバナナを使った簡単ケーキのレシピです。



おからとバナナのヨーグルトケーキの作り方


【材料】

  • 生のおから 40g

  • ヨーグルト 100㏄

  • バナナ 1本

  • 砂糖 大さじ1

  • サラダオイル 小さじ1

  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

  • 卵 1個



【作り方】

1.ボウルに卵を割り入れて溶き、ヨーグルト、砂糖、サラダオイルを入れて
泡だて器でよく混ぜます。


2.バナナの皮を剥き、小さくカットしたものと
生のおからをボウルにいれてよく混ぜます。
最後に、ベーキングパウダーを入れて全体を混ぜます。


3.型にクッキングペーパーをを敷くか、薄くサラダオイル(分量外)を塗って
2の生地を流し入れて、500wの電子レンジで8分程度加熱します。


4.竹串を指して何もついてこなければでできあがりです。

おからバナナ蒸しケーキ

乾燥おからを使う場合


乾燥おから(おからパウダー)を使う場合、
乾燥おから11gに対して
水39gを入れて戻します。


数字が細かくて、計りにくいので、150g(もどした後の重さ)くらいもどし、
50gをケーキに使ったら、


残りはハンバーグなど、
他の料理に使ってもいいかもしれません。


電子レンジを使わない場合


電子レンジを使わずに作る場合は、


蒸し器を使う、または、鍋やフライパンに蒸し皿を敷いて水を張り蓋をして
蒸し器の代わりにする、


といった方法で、蒸すことができます。


蒸し器、鍋、フライパンに水を入れて
蓋をして火にかけ、


蒸気が上がったら型に入れたケーキ生地を入れて
弱火で15分蒸します。



ヨーグルトを使うメリット


ケーキ生地にヨーグルトを入れると、
ヨーグルトに含まれている酸とベーキングパウダーが反応してガスが発生し、
ふくらみやすくなるそう。


ベーキングパウダーが水や酸に触れると
短時間で反応が起こるので、
ベーキングパウダーを混ぜたらできるだけすぐに型に入れて
加熱をするようにしましょう。


ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、
加熱すると死んでしまいますが
死菌も、腸内環境を整えるのに役立つ作用があると、いわれています。




スポンサードリンク




食物繊維豊富なおからとバナナのヨーグルトケーキ まとめ


このレシピでは、小麦粉を使わず、
おからを入れていますが、


小麦粉のグルテンがないので、
けっこう適当に混ぜても粘りが出ず、生地が固くなりません。


糖質カットにもなるのがうれしいですね。


甘さは、使うバナナの甘みにもよりますが、
かなり控えめなので、好みで、アイスクリームをそえたり、
メープルシロップを少しかけたりしてもよいでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿