棒寒天 フレンチトースト

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

糖質オフダイエトレシピ・棒寒天を使ったフレンチトーストのレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

棒寒天フレンチトースト

テレビ番組のダイエット企画で紹介されたことでも注目されている
「棒寒天のフレンチトースト」。

棒寒天って、普段はあまり使わないと思うのですが、
フレンチトーストにする場合は、煮溶かしたりすることもなく
簡単です。



棒寒天を使ったフレンチトーストの作り方


【材料】

2人分

  • 棒寒天 2本

  • 卵 1個

  • 牛乳 100ml

  • 砂糖 大さじ1

  • バター 大さじ1



【作り方】

1.棒寒天1本を半分に切ります。


2.ボウルに卵を割り入れて溶きます。
白身と黄身が良く混ざったら、牛乳、砂糖を入れてよく混ぜます。


3.バットに2の卵液(アパレイユ)を入れて
棒寒天を並べて冷やします。途中ひっくり返して全体がしんなりするまで20~30分浸します。


4.フライパンにバターを入れて中火にかけ、
3の寒天の両面をきつね色になるまで焼きます。
卵液が残っていたら、寒天の上からかけて一緒に焼きます。


5.両面焼けたらお皿に盛り付けて出来上がり。
このみでシナモンパウダーやフルーツのジャムを添えてください。


ポイント


白身が固まりっぽい状態で残っている浸みこみにくいので、
箸で白身を切るようにしてよく混ぜます。



寒天は熱で溶けますので、
焼いている間に溶けて、乾物の状態よりも少し小さくなります。


あまり時間をかけて焼くとどんどん溶けてしまいますから、
強めの中火で手早く焼き目をつけましょう。

棒寒天フレンチトースト

寒天の栄養


寒天の原材料は「天草」という海藻です。


寒天のカロリーは、100g当たり2~3kcalですが、
乾燥した棒寒天2本ではほぼカロリーは0です。


寒天の成分の大半は水溶性食物繊維ですが、


カルシウムや鉄分、リンなどのミネラルも含まれています。


水溶性食物繊維は、
糖質や脂質の吸収を抑えたり、
腸内環境を整える、などの働きがあります。



スポンサードリンク



糖質オフダイエトレシピ・棒寒天を使ったフレンチトーストのレシピ まとめ


フレンチトーストのパンの代わりに、
棒状になっている寒天をそのまま卵液に浸して焼く、というレシピ。
作り方はとても簡単ですね。


寒天には糖質は含まれておらず、カロリーもほぼゼロなので、


砂糖やバターを使っても、
パンで作ったフレンチトーストよりも糖質もカロリーも
少なくなります。


温かいうちは、溶けた寒天のトロっとした食感が、
卵液が浸みたパンのじゅわっとした食感に似ていますが、


冷たくなると、パンと違って、プリプリした寒天の食感になりますので、
作り立てを食べるようにしましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント