トマト,カツオ,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

秋バテ対策に・トマトと戻りガツオのレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

カツオとトマト

暑い夏が終わってようやく涼しくなったのに、なんだか疲れやている感じがする。
秋バテ対策に、トマトとカツオを使った簡単レシピをご紹介します。



トマトとカツオの栄養は?


<トマトの栄養>

トマトは、その赤い色にに含まれるトマトリコピンの抗酸化作用が最近ではよくいわれるようになりました。


ビタミンC、ビタミンEにも抗酸化作用がありますし、
トマトの酸味であるクエン酸は疲労回復を促します。


<カツオの栄養>

秋にとれる「戻りガツオ」は初夏の「初鰹」に比べて脂がのっていますが、


カツオの脂には
血液をサラサラにするEPA、脳や神経の発達に関係するとされるDHAなどの
多価不飽和脂肪酸が豊富です。


また、良質なたんぱく質の他、


代謝にかかわるビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンA、
カルシウムとリンの吸収を促進するビタミンDなどが
多く含まれています。


トマトに含まれるクエン酸と、
カツオに含まれるビタミンB群は、
どちらも、食べたものから吸収した栄養をエネルギーに変える代謝を促してくれます
ので、


疲労回復にはぴったりの組み合わせになります。

カツオの栄養

戻りガツオのソテートマトソース


【材料】

2人分

  • 生のカツオ 200g

  • にんにく(スライス) 1/2片

  • トマト 1個

  • 玉ねぎ 1/2個

  • 醤油 大さじ2

  • レモン汁 大さじ1

  • オリーブオイル 大さじ1

  • 塩 こしょう 少々



【作り方】

1.トマトは小さめの角切り、玉ねぎはみじん切りにします。
カツオを2㎝厚さに切ります。


2.切ったトマト、玉ねぎをボウルに入れて、
醤油、レモン汁を入れて混ぜます。


3.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火に掛けます。
にんにくがきつね色になって香りが出たらにんにくは取り出しておきます。
(焦げるのを防ぐため)


4.フライパンにカツオを入れて火加減を強めの中火にして、
両面を20秒くらい焼いて焼き色を付けます。


5.さらに取り出し、2のソースをかけて、
取り出しておいたにんにくをトッピングします。



スポンサードリンク



秋バテ対策に・トマトと戻りガツオのレシピ まとめ


秋バテは、


夏の暑さによる疲労がたまっていたり、
まだ日中は厚く、夕方から急に気温が下がるという気温差が負担になったりすることで
起きるそうです。


また、暑さで食欲がなく、麺類などの炭水化物が中心の食事が続くことも
疲労感の原因となるので、


食事には
タンパク質、脂質、ビタミン類を摂れるものを選んでみてください。


戻りガツオは、シンプルに、たたきでいただいてもいいのですが、
「戻りガツオのソテートマトソテー」は
トマトの酸味でさっぱりいただけるので試してみてくださいね。


玉ねぎがたっぷりめに入っていますが、
玉ねぎに含まれるアリシンはビタミンB群の吸収を高めますので、
できれば水にさらさないで使ってください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿