エッグタルト 型なし レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

焼き型なしのエッグタルトの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

エッグタルト 型なし レシピ

フィリングをフチで包み込むようにして焼く、
「型なしタルト」がインスタなどで流行しています。


とろーっとした中身のエッグタルトも
型なしで作れるんですよ。



エッグタルトとは?


エッグタルトは
ポルトガルのお菓子、


パシュテイシュ・デ・ナタ(パステル・デ・ナタ、
表記されていることもありますが、
ポルトガル語ではPasteis de nataと書きます)


で、もともとは、修道院で僧衣やシーツの糊付けに
たくさんの卵の白身を使い、


残った黄身をお菓子に使ったことが始まりだと
言われています。


卵黄と生クリーム、牛乳を使った
カスタードクリームを
カップ状に成型したパイ生地に流しこみ、


400℃もの高温で、
パイ生地をパリパリに焼き上げるのだそうです。


家庭では400℃は無理ですが、


ガスオーブンで160℃
電気オーブンで200℃で焼くと
生地がぱりっとしやすくなります。


また大きく焼いて切り分けるのではなく、
最初から小さく焼くのも特徴です。

エッグタルト 型なし レシピ


焼き型を使わなくても作れるエッグタルト


【材料】

直径5㎝で12個分

  • 冷凍パイシート 3枚

  • 卵黄 4個

  • 生クリーム 60ml

  • 牛乳 440ml

  • 砂糖 50g

  • 小麦粉 大さじ2

  • シナモンパウダー 小さじ1/4

  • レモン汁 小さじ1/2

  • バニラエッセンス 少々



【作り方】

1.鍋に、卵黄、生クリーム、牛乳、
砂糖、小麦粉を入れて泡だて器で混ぜて
完全に混ざった状態にします。


2.鍋を火にかけてダマにならないように
常にかき混ぜながらとろみを付けます。


3.とろみがついたら火をとめて
シナモンパウダーとレモン汁を入れて混ぜます。


4.冷凍庫から出して10分ほどたった冷凍パイシートに
小麦粉(分量外)を振り、
はじっこからくるくる巻いていきます。


5.1枚目を巻き終わったら2枚目、3枚目を重ねます。


6.棒状に巻いた冷凍パイシートを
12等分します。


7.切り口の断面をコップの底などでおして
カップ状にします。


8.マドレーヌやカップケーキの紙の型に
7の生地を置いて底にフォークで穴を開けます。


9.オーブンを予熱します。
ガスオーブンは160℃、電気オーブンは200℃に設定します。


10.パイ生地に3のフィリングを流し込みます。


11.オーブンで20~25分、様子を見ながら焼きます。


作り方のコツ


冷凍パイシートを完全に柔らかく解凍してしまうと
かえって扱いづらい
ので、


まだ固さはあるけれど巻ける、くらいで
巻き始めてください。


生地をあまり薄くのばすと
焼いている間にクリームがでてきてしまうので、
すこし厚く成型してください。



スポンサードリンク



焼き型なしのエッグタルトの作り方 まとめ


焼き型って、
お菓子ごとに微妙に必要なサイスが違ったりして、


収納も大変ですし、


型なしで焼けるのなら
便利ですよね。


洗いものも減りますし。


コツにも書きましたが、焼いて、
一時的に生地が柔らかくなったときに、


中のクリームの重さに負けないように、
薄くしすぎないようにしてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント