シンガポールチキンライス,炊飯器,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

炊飯器で作るシンガポールチキンライス(海南鶏飯)風ごはん

読了までの目安時間:約 4分

 

シンガポールチキンライス

ゆでた鶏と鶏肉のだしが浸みたごはんのワンプレート。



シンガポールチキンライスとは?


シンガポールチキンライスは、
中国の海南島出身の華僑の人々が伝えたものが始まり、と言われており、
そのため、「海南鶏飯(ハイナンチーファン)」を呼ばれています。


マレーシア料理のシンガポールも同じように中国から伝えたたものだそう。


シンガポールでは、
白鶏(ゆで鶏)
焼鶏(ゆでてから皮目をカリカリに焼いた鶏)
の二種類がありますが、


ここでは、手軽に炊飯器を使ってゆで鶏とごはんを作ります。


シンガポールチキンライス(海南鶏飯)風ごはんの作り方


【材料】

2、3人分

  • 鶏モモ肉 小さめのもの2枚(450g程度)

  • ジャスミンライズ 2合

  • 生姜 1片

  • パクチーの根 1本

  • にんにく 1片

  • 塩 小さじ2/3

  • こしょう 少々/li>



一緒に盛り付ける野菜類として
トマト、きゅうりの薄切り、
パクチーの葉のざく切り

トッピングとして
フライドオニオン(輸入食品店などで売っています)


ナンプラーだれの材料

  • おろし生姜 1/2片分

  • ナンプラー 小さじ1

  • レモン汁 小さじ2

  • 塩 少々



市販のスイートチリソースもタレに使えます。

【作り方】

1.鍋に水と生姜、パクチーの根、ニンニクを入れて火にかけ、
沸騰したら弱火にして鶏もも肉を入れて20分ゆでます。
火を止めて蓋をして粗熱が取れるまで冷まします。


2.ジャスミンライスを洗ってザルにあげ、
炊飯器の内釜に入れて、1のゆで汁を2合のメモリまで入れて
塩、こしょうを入れて普通に炊きます。


3.ナンプラーだれの材料を合わせておきます。


4.ご飯が炊けたら全体をまぜてお皿に盛ります。
鶏肉を食べやすい厚さにスライスしてご飯の上に盛り付け、
トマト、きゅうり、パクチー、フライドオニオンを添えます。

ナンプラーだれ、スイートチリソース(市販)をそれぞれ器に入れて添えて
食べるときに好みでかけます。

シンガポールチキンライス

ジャスミンライスの炊き方


ジャスミンライスは香りがあるので、日本の白米のように何度も洗わず
一度洗ったらザルにあげて、すぐ炊いてよいです。
基本的には浸水も必要ありません。

浸水せずに普通の白米と同じ水加減で炊くとパラパラになります。
やわらかい方が好みであれば、30分程度水に漬けてからザルにあげ、
水加減を多めにしましょう。


スポンサードリンク



炊飯器で作るシンガポールチキンライス(海南鶏飯)風ごはん まとめ


鶏モモ肉をゆでて冷ますところで時間はかかりますが、
手間はあまりかからないレシピです。


ゆでた鶏モモ肉の皮目をフライパンでぱりっと焼き付けて
「焼鶏」バージョンのチキンライスにしても。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿