フレンチトースト 裏技

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

時間がない!そんな時でもフレンチトーストがプロの味になる裏技

読了までの目安時間:約 3分

 

フレンチトースト 裏技

小西はるか
@青山のスタバ

材料では変わらず、お店のようなとろふわのフレンチトーストが
簡単に作れてしまう裏技をご紹介します!



卵液に浸したらレンジにかける


有名なオークラのフレンチトーストは、パンを丸1日卵液に浸します。
家庭でもそれだけ時間をかければ
中まで卵液が染みたとろふわフレンチトーストができますが、


今すぐ食べたい!


というときには、


電子レンジを使うと、たったの1分で中までしみこませることができます。


できるだけパンの大きさにあった、平らな器に卵液を入れ、
その上に食パンを乗せて、ラップをせずに500wのレンジで30秒。


取りだしたらパンをひっくり返して30秒。


こののち、フライパンに油かバターを熱して両面を焼けばOKです。

フレンチトースト 裏技

電子レンジを使わずに短時間で中までしみこませる方法


電子レンジがない、という場合、
まず、牛乳と砂糖を混ぜてパンを浸すと、すぐにヒタヒタになります。


砂糖入り牛乳が完全にパンに染みたら、
溶いた卵につけて、フライパンに油かバターを熱して両面焼きます。


この作り方、プロも採用している人がいるそうです。


パンの耳で作るフレンチトースト


サンドイッチを作ったときに切り落としたり、
パン屋さんで安く分けてもらえるパンの耳でもフレンチトーストが作れます。


【材料】
2人分

  • 食パン8枚切りの耳 20本

  • 牛乳 150㏄

  • 卵  1個

  • 砂糖 大さじ2

  • バニラエッセンス 少々

  • バター 大さじ1



【作り方】

1.平らな耐熱皿に、パンの耳を並べます。
丸い皿ならバームクーヘンのようにロール状に、
四角い皿なら縦か横に、
どちらの場合もすき間がないようにぴっちりと並べます。


2.牛乳、卵、砂糖を混ぜて卵液を作り、1に回しかけます。


3.パンの耳が卵液全部擦ったら、500wの電子レンジに2分半かけます


4.フライパンにバターを熱し、耐熱皿から取り出したパンの耳を両面焼きます。


皿に盛りつけ、好みでメープルシロップ、アイスクリーム、生クリームなどを添えていただきます。



スポンサードリンク



時間がない!そんな時でもフレンチトーストがプロの味になる裏技 まとめ


フレンチトーストはやっぱり中まで卵液がしっかり染みているのがおいしいですよね。

今回は食パンでご紹介しましたが、
レーズンパンやフランスパンで作ってもおいしいです。


フランスパンは食パンよりもたくさん水分を吸うので、
卵液の量を多めにしてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント