焼きブリ大根,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

時短レシピ・焼きブリ大根の作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

焼きブリ大根

冬が旬のブリと大根、
普通は、煮て「ブリ大根」にしますが
「焼く」ブリ大根もおいしいですよ。


スポンサードリンク



焼きブリ大根の作り方


【材料】

2人分

  • ブリの切り身 2~3切れ

  • 大根 300g

  • サラダオイル 大さじ1

  • 醤油 大さじ1

  • 酒 大さじ1

  • みりん 小さじ2

  • 生姜 適量

  • 大根の葉(あれば) 適量



【作り方】

1.ブリの切り身はさっと流水で洗いキッチンペーパーで
水気をふき取ります。

一切れを2つくらいに切り、
塩少々(分量外)を振ってしばらくおいておきます。


2.大根を1.5㎝の半月切りにして皮を剥きます。
大根を耐熱容器に入れてラップをかけ、600wの電子レンジで3分加熱します。


3.ブリから出た水分をキッチンペーパーでふき取ります。


4.フライパンにサラダオイルを入れて中火にかけ、
2の大根を入れて両面をこんがり焼きます。


5.ブリを入れて両面を焼きます。


6.醤油、酒、みりんを入れて煮詰まるまで火を通し、
大根とブリに絡めます。


7.皿に盛り付け、千切りの生姜を天盛りにします。


8.大根の葉は、鍋に湯を沸かしてさっとゆで、
みじん切りにして盛り付けの時に大根の横に添えます。


焼きブリ大根

ポイント


煮物のブリ大根では、砂糖を使ってこっくりした甘辛い味に
煮含めることが多いのですが、
今回は砂糖を使わず、低糖質に仕上げました。


砂糖の甘みがない分、さっぱりに感じやすいので、
ブリは、小型のワラサではなく、
背身と腹身を切り分けて売っているような
魚体の大きな、脂がのったものを選ぶといいですね。


また、2、3切れの中に、背身、腹身の
どちらも入るようにすると味のバランスが取れます。


大根を「まる」のまま使いたい場合は、
食べやすいよう、片面に十字に切り込みを入れてください。


ここでは千切り生姜を天盛りにしましたが、
食べるときに柚子胡椒を添えたり、七味唐辛子を振るのもおすすめ。


焼く時に、にんにくスライスを入れたり、
タレに豆板醤を入れたピリ辛アレンジもおいしいですよ。


カット大根を買うと葉はついていませんが、
大根の葉はビタミンCやカルシムが豊富で、これもひとつの「野菜」として
活用したいもの。


もし葉がある程度付いた大根が手に入ったら、
焼きブリ大根に添える他、

みそ汁の具にしたり、
大根菜飯にしたりして食べてください。


スポンサードリンク



時短レシピ・焼きブリ大根の作り方 まとめ


焼きブリ大根は、電子レンジで大根を柔らかくして
あとは、焼いてたれを絡めるだけなので、
煮物のブリ大根よりも短時間で作れます。


また、ご紹介したレシピでは砂糖を使っていないので、
煮ものよりも糖質の量を抑えています。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿