鮭,南蛮漬,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

作り置きレシピ 鮭ときのこの南蛮漬け

読了までの目安時間:約 4分

 

鮭の南蛮漬け

アスタキサンチンが豊富な鮭と、
食物繊維が豊富なきのこを使った美肌・美容にもよい
作り置きレシピです。


スポンサードリンク



鮭ときのこの南蛮漬けの作り方


【材料】

2人分

  • 生鮭 2切れ

  • 小麦粉 適量

  • 玉ねぎ 1/2個

  • 人参 1/2本

  • 好みのきのこ 100g

  • 生姜 1かけ

  • 水 カップ1/2

  • 酢 大さじ3

  • 醤油 大さじ1

  • 砂糖 大さじ1/2

  • 鷹の爪 適量

  • サラダオイル 適量



【作り方】

1.南蛮酢を作ります。
水、酢、醤油、砂糖を小鍋に入れて一煮立ちさせ、
鷹の爪を入れて冷ましておきます。


2.鮭を食べやすい大きさに切ります。
玉ねぎは薄切り、人参、生姜は千切りにします。


3.きのこは石つきを切り落として、

しめじ、舞茸、えのきだけは適当にほぐし、
椎茸は薄切りにします。


4.鮭に薄く塩を振っておきます(分量外)。


5.野菜ときのこを炒めます。
フライパンにサラダオイル小さじ1を入れて中火にかけ、
生姜を入れて香りが出たら、人参、玉ねぎをいれて炒めます。

次にきのこをいれて炒め、全体がしんなりしたら、
南蛮酢につけておきます。


6.5のフライパンで鮭を焼きます。

サラダオイルを大さじ2くらい入れて中火にかけます。
鮭に小麦粉をまぶして、まず、皮を焼きます。
フライパンの縁に立てかけるようにして、皮がフライパンの底に当たるようにします。

皮がカリッと焼けたら、両面を1分半くらい焼きます。


7.酒が焼けたら熱いうちに南蛮酢に漬けこみます。
すぐに食べることもできますが、冷蔵庫で半日くらい漬けると味が浸みてきます。

鮭の南蛮漬け

鮭の栄養


鮭には、たんぱく質、脂質の他、


紫外線ダメージを防いだり、
肌の新陳代謝を促すのに必要な


抗酸化作用のある色素成分アスタキサンチン、
糖質の代謝を促すビタミンB群、
が含まれています。


また、鮭にも、
一緒につかうキノコにも
ビタミンDが豊富なのですが、


特に、日照時間が短くなる秋、冬には、
ビタミンDが含まれている食べものを摂ることは、
風邪の予防によい、と言われています。



スポンサードリンク



作り置きレシピ 鮭ときのこの南蛮漬け


こちらのレシピでは、
切り身の鮭を少量の油で揚げ焼きにしているので油の始末の手間がかかりません。


皮つきで調理する場合は、皮をしっかり焼くのが、
作り置きにしたときに生臭みが出ないコツです。


そのために、フライパンに立てかけるようにしてまず皮を焼くのですが、
難しい、という人は、皮を外して作ってもいいですよ。


冷蔵庫で3日程度日持ちがするので、倍の量で作るのもおすすめです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿