パン マンディアン 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

余ったパンで作るマンディアンのレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

マンディアン

バゲットは食パンが残ってしまった時に
作れる、パンプディング風焼き菓子です。



マンディアンとは?


「マンディアン」は、
フランス・アルザス地方のスイーツ



トッピングをしたチョコレート菓子
パンプディング風の焼き菓子


が、どちらもマンディアンと呼ばれています。


マンディアン、はフランス語で、
修道士という意味があり、

4つの托鉢修道会の色である、

ドミニコ会:白色
フランシスコ会:灰色
カルメル会:茶褐色
アウグスチノ会:濃紫色


にちなんで、

アーモンド、干しいちじく、ヘーゼルナッツ、レーズンの4つの
ドライフルーツを使う、ことが名前の由来、とされています。

パン マンディアン

余ったパンで作るマンディアンのレシピ


【材料】

15㎝の丸型

  • パン(種類はなんでもよい) 120g

  • 牛乳 200ml~

  • 砂糖 30~50g

  • 卵 小1個

  • ドライフィグとレーズン 好みの量

  • アーモンドなどのナッツ 好みの量

  • シナモンパウダー 小さじ1



※牛乳の量は、使うパンがちょっと固くなったバゲットなどの場合は
少し増やしてください。

※砂糖の量は、使うパンがブリオッシュなどもともと甘いタイプなら少なめ、など
好みで加減してください。

※ドライフルーツとナッツは、
名前の由来に合わせるなら、アーモンド、ドライフィグ、ヘーゼルナッツ、レーズンですが、
手に入るもの、好みのものでOKです。


【作り方】

1.オーブンを170℃に余熱します。
型にオーブンペーパーを敷いておきます。


2.ボウルにパンを適当にちぎって入れます。


3.人肌程度に温めた牛乳をボウルに注ぎます。
パンをつぶしながらなめらかになるまでよく混ぜます。
ハンドミキサー(バーミックスなど)があると
早いですが、なければすりこぎでつぶします。


4.なめらかに混ざったら、砂糖、卵、シナモンパウダーを加えて
さらに混ぜます。


5.ドライフルーツとナッツを入れてゴムベラで混ぜ、
型に流し入れます。


6.170℃のオーブンで50分程度焼きます。
竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がりです。


7.粗熱をとったら型から外し、
ラップをかけて冷蔵庫に入れます。



スポンサードリンク




余ったパンで作るマンディアンのレシピ まとめ


パンプティンのようなお菓子なので、
バゲットや食パンなどのシンプルなパンで作るのかな、
と思いましたが、


クロワッサンなどでもよいそうです。


逆に、全部のパンがバゲットなど油気のないパンの場合は、
バターを小さじ1程度プラスするとおいしくなります。


伝統的には、陶器の皿で焼くことが多いのですが、
ケーキ型にオーブンペーパーを敷いた方が
外しやすいです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿