トルコ風サバサンド,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

サバ水煮缶漬で作るトルコ風サバサンド

読了までの目安時間:約 5分

 

トルコ風サバサンド

トルコの屋台で売られているサバサンドを、
手軽に焼き塩サバ缶でアレンジしたレシピです。




トルコ名物サバサンドとは?


イスタンブールの屋台でよく売られているサンドイッチ、


「Balik Ekmek」 (バリック・エクメック)


Balikは魚、Ekmekはパン、という意味で、魚のサンドイッチ、これがサバのサンドイッチなんです。


ちなみに、デパ地下などによく出店しているパン屋さん「メゾンカイザー」には、〇〇エクメック(Ekmek)というパンが、何種類がありますが、これもトルコのパンのことを指しているらしいですよ。


トルコのサバサンドは、
生のサバのフィレ(3枚おろしにして骨を取ったもの)にオリーブオイルをたっぷりかけてしばらく置きます。
このオリーブオイルがサバの生臭みを消してくれるのだそうです。


サバにオリーブオイルが浸み込んだらフライパンでソテーして、
バゲットにタマネギ、トマト、レタス、ソテーしたサバをはさみ、
塩こしょうとレモンで味を調えた、とてもシンプルなものです。

トルコ風サバサンド

日本の家庭でも、
好みのバゲットタイプのパンを用意して、
生のサバをソテーして作ればいいのですが、


忙しい人や、
ワンルームで焼き魚のにおいが気になる人にはちょっとハードルが高いかもしれません。


そこで買い置きができて、空けてすぐに食べることができるサバ缶を使って作ってみましょう。


焼き塩サバ缶のサバサンド


【材料】

2、3人分(1缶すべてを使った場合の分量)

  • 焼き塩サバ缶 1個

  • パン バタールくらいのサイズのもの1本

  • 玉ねぎ 1/2個

  • トマト 1個

  • レモン 1/2~1個

  • オリーブオイル 適量

  • こしょう 少々



【作り方】

1.玉ねぎを薄切りにして、皿などに広げておきます。
トマトはヘタを取って輪切りにします。
レタスは洗ってしっかり水気をとり(ザルやサラダスピナーで水気を切ってからキッチンペーパーなどで抑える)、
適当にちぎります。


2.焼き塩サバ缶の中身をアルミホイルに並べてオリーブオイル小さじ2くらいを
回しかけてトースターで3分程度焼きます。
もう火が通っている加工食品なので、中が温まった感じ、程度でよいです。


3.パンをサンドイッチとして食べやすい長さに切り、
切れ目を入れてトースターで軽く焼きます。
切れ目の中にオリーブ降りるを塗ります。


4.パンに野菜と焼き塩サバをはさんでこしょうを振り、
レモン汁をたっぷりと絞ります。


ポイント


トルコの屋台では焼いたサバを挟んでくれるので、
缶詰の場合も温めましたが、時間が無かったら省略してよいです。


パンは、バゲットだと噛み応えがありすぎて苦手、
という方もいると思います(私も割とそうです 笑)


柑橘系の果汁をたっぷり絞るのがトルコ流とのことですが、
柚子やカボスだとかなり和風になるのでやはりレモンやライムがよいでしょう。


その場合は、バンズや食パンなどの好みのパンで構いませんが、


あまり牛乳や生クリームたっぷりのリッチでふわふわしたパンよりも
シンプルな生地のパンが向いています。


ベトナムのバインミー用の米粉入りパンが手に入ったらそれも合います。


スポンサードリンク



焼き塩サバ缶漬で作るトルコ風サバサンド まとめ


福井県で名物になっているサバサンドは、揚げたサバにマヨネーズも使った、
けっこうフライドチキンサンドの魚版、のようなタイプですが、


トルコのサバサンドはとてもシンプルです。


パンは本格的なブーランジェリーのものでなくても、
スーパーマーケットで売っている袋入りのバゲットでもけっこうイケますよ。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント