卵焼きサンド 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

インスタでも人気!レンジでも作れる分厚い卵焼きサンド

読了までの目安時間:約 5分

 

卵焼きサンド 作り方

ゆで卵とマヨネーズの卵サンドもおいしいですが、
最近人気なのは、
分厚いプルプル、ふわふわ卵焼きを挟んだサンドイッチ。

この卵焼きサンドを自宅で作るレシピをご紹介します。



電子レンジで作れるプルプル卵焼きサンド


【材料】

パン1組分

  • 卵(Lサイズ) 3個

  • 顆粒タイプの和風だしを溶かした出汁 50ml

  • 薄口醤油 小さじ2

  • マヨネーズ 大さじ1

  • 塩 少々

  • 食パン 1組(8枚切り、またはサンドイッチ用)

  • マヨネーズ 大さじ2

  • チューブの辛子 少々(好みで加減)



【作り方】

1.卵をボウルに割り入れて箸で溶きます。
マヨネーズ大さじ1を入れてさらによく混ぜます。
出汁と薄口しょうゆを入れて混ぜます。


2.1の卵液をザルで濾します。
ザルに卵の白身が残りやすいので、
ゴムベラなどでしごいてください。



3.食パンに挟むことを考えて、
それにあった大きさの四角い耐熱容器に
2の卵液を入れます。


4.500wの電子レンジに3を入れて2分半加熱します。


5.一度耐熱容器を取りだします。
卵はかなり膨らんでいますが、しばらくすると落ち着くので、
もう一度50秒程度加熱します。


6.耐熱容器の横から見て、
卵液がたくさん残っていなければ大丈夫です。
(液が残っていたら再び10秒程度加熱します。)


7.卵をアルミホイルの上に取りだし、
しっかり包んで形を整えます。このまま2分程度置きます。


8.マヨネーズと辛子を合わせたものをパンに塗り、
7の卵を挟みます。少し卵を味見してみて、
塩味が足りなければパラパラと塩を振ってください。


9.対角線でカットして4切れにして皿に盛りつけて、
できあがりです。


作り方のコツ


マヨネーズを入れることで、
卵が覚めても固くなりにくくなり、
また、酢の作用で卵が膨らみやすくなります。


できるだけ卵を混ぜるときに空気を入れないのが、
「ス」が入らないようにするコツ。
ここではザルで濾すことで気泡をなくしています。


レンジで加熱するときに使う耐熱容器は
できるだけ正方形に近い形で、
また卵が膨らむので、ある程度の深さがあった方がいいです。

卵焼きサンド 作り方

電子レンジを使わない場合は?


卵焼きパンで焼いて作ることもできます。

卵焼きパンに塗るサラダオイル(適量)以外の
材料は同じです。


卵液を電子レンジバージョンと同じ手順で作ったら
卵焼きパンを中弱火にかけて
リードなどのキッチンペーパーでサラダオイルを敷きます。


卵液を全量一気に流し込み、
端の方から固まった卵を中央に寄せていきます。


上半分が半熟の状態でひっくり返しますが、
ここで半分に切った方がひっくり返しやすいです。



ポイントは、できるだけ
焦げ目を付けないこと。


アルミホイルの上に取りだして包んで形を整え
2分程度置いてから


辛子マヨネーズを塗った食パンに挟みます。


スポンサードリンク



レンジでも作れる分厚い卵焼きサンド まとめ


卵焼きのサンドイッチは、
関西の喫茶店ではメジャーということですが、


東京でも「天のや」や「はまの屋パーラー」など
卵焼きサンドがあるお店ってあるんですね。


また、お店によっては
出汁と薄口醤油ではなく、


牛乳と塩コショウ
という味付けもあり、
そちらのほうがちょっと洋風になります。


電子レンジを使うと、
加熱し過ぎに気を付ければ、
個がしてしまう心配はないので、


作ってみてください。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント