ゼブラ柄チーズケーキ,作り方,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

イベントシーズンに・写真映えする「ゼブラ柄チーズケーキ」の簡単な作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

ゼブラ柄チーズケーキ

カットするとシマシマのような模様が現れる
「ゼブラケーキ」の作り方をご紹介します。





ゼブラ柄チーズケーキの作り方


【材料】

15㎝丸型1台分

クラスト(土台)

  • チョコレートビスケット 50g

  • バター 20g


チョコレートビスケット(クッキー)サクサクしたタイプなら何でもOK。


チーズケーキ部分

  • クリームチーズ 200g

  • 砂糖 60g

  • 生クリーム 150ml

  • 牛乳 大さじ4

  • 水 大さじ4

  • 粉ゼラチン 8g

  • ココアパウダー 大さじ2




【作り方】

1.型にクッキングペーパーを敷きます。
クリームチーズを常温に戻しておきます。

2.
土台を作ります。
厚みのあるポリ袋などにビスケット入れて、袋の上から綿棒で細かく砕きます。
バターを耐熱容器に入れて電子レンジで加熱して溶かし、
ビスケットと混ぜ、粗熱が取れたら型の底に敷き詰め、コップの底などで軽く押します。


3.ボウルに常温に戻したクリームチーズを入れて、泡だて器でなめらかになるまで混ぜます。
砂糖を加えて泡だて器ですり混ぜて、砂糖のザラザラ感がなくなったら、
生クリームも入れてさらに混ぜます。


4.耐熱容器に牛乳、水を入れて500Wの電子レンジで1分半ほど加熱します。
熱いうちに粉ゼラチンを入れて溶かします。


5.4を3に入れてよく混ぜたら生地を二等分し、片方にココアパウダーを入れて混ぜ、2種類の生地を作ります。


6.型に入れた土台の上に、スプーンで(15~20mlくらいずつ)
プレーン⇒ココア⇒プレーン⇒ココア・・・
と交互に流し入れて年輪のような縞模様を作ります。


7.生地をすべて流し入れたら、好みで竹串を使って「ラテ・アート」のように、模様をつけてもいいです。


8.冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。


9.型から出して切り分けます。


ポイント


ゼラチンの比率が違うと固まらなくなるので、
全体を混ぜてから、2等分するようにしてください。


生地は冷えてくるとだんだんゼラチンが固まって流し入れにくくなります。
湯せんで軽く温めると流し入れやすくなります。


ゼブラ柄チーズケーキ


スポンサードリンク




イベントシーズンに・写真映えする「ゼブラ柄チーズケーキ」の簡単な作り方 まとめ


土台はビスケットで、冷やし固めるだけのチーズケーキなのでオーブンは必要なく、簡単に作れます。


ゼブラ柄にする色は、ココア以外に、抹茶や紫いもパウダーなどでもいいのですが、
ココアよりも量を減らしてください。


ココア以外のものを使う場合は、土台のビスケットはプレーンなもので。
チーズケーキには胚芽入りの香ばしいタイプも合います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿