トマト リコピン レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

リコピンをしっかりとれる・トマトステーキのレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

トマトリコピンレシピ

アンチエイジングや美白に効果がある、
というトマトの「リコピン」
リコピンを吸収しやすいレシピをご紹介します




トマトステーキのレシピ


材料

2人分

  • トマト 2個

  • ピザ用チーズ 30g

  • オリーブオイル 小さじ1杯

  • ハーブソルト(塩・こしょう でも可) 少々

  • マヨネーズ 大さじ1杯

  • レモン汁 小さじ1杯

  • パセリ 少々


作り方

1. トマトはヘタをとり、厚さ1cmの輪切りにする。


2. フライパンにピザ用チーズを薄く並べる。


3. フライパンを弱火から中火にかける。


4. 裏側がきつね色になったら、ひっくり返し1分待つ。


5. フライパンからチーズを取り出して、クッキングシートの上において
冷ましておく。


6. フライパンのチーズの油にオリーブオイルを加え、
トマトを上に並べる。


7. 弱火から中火でトマトの両面に焼き色がつくように焼く。


8. トマトに焼き色がついたら、お皿に移す。


9. トマトの上から、ハーブソルト、レモン汁、
マヨネーズの順にかける。


10. 9の上から冷めた5のチーズを細かく砕いてのせる。


11. 最後にパセリをかける。


作り方のポイント


料理をする上でのコツや注意点としては、


焼く前に塩をふってしまうと、トマトの
水分が奪われてしまうので、
焼いたあとに塩をふるようにしています





また、ピザ用チーズは焼くと板状になりますが、
熱い状態では砕けないので
冷ましてから砕いてください。


油を多目に使用していますが、
レモン汁とトマト自体で脂っこくなく
食べることができます。


マヨネーズまではいらない、という人は
かけなくても十分おいしいですよ。


トマトの栄養成分リコピン


トマトの栄養成分「リコピン」は
「カロテノイド」(動植物に含まれる、赤や黄色、オレンジ色の色素)の一種です。
人参などに含まれる「β-カロテン」もカロテノイドの仲間。


カロテノイドはビタミンAに変化するのですが、
カロテイノド自体に抗酸化作用があり


特に、リコピンにはビタミンEの100倍以上の
抗酸化作用があることが知られています。


リコピンは熱に強く、
油に溶けることで吸収がよくなる性質があります。


このトマトステーキのレシピは、
油で焼き、チーズやマヨネーズの油分と一緒に
食べられるようにしています。


リコピンがより多く含まれるトマトの選び方は、
おいしいトマトを選ぶ方法と同じです。


色が赤く、丸みが合って、皮にはりがあるものが美味しく、
リコピンも多く含まれています。


また、おしりの放射状の筋が多いことや、
ヘタの葉の数も多いものを選ぶポイントのひとつです。


品種としてピンク色っぽいものよりは
しっかり赤くなるタイプのほうが、リコピンを摂るには
おすすめです。


スポンサードリンク




リコピンをしっかりとれる・トマトステーキのレシピのまとめ


リコピンには、

  • 熱に強い

  • 油に溶けやすい


という性質があるので、
トマトのリコピンをしっかり吸収するには、
油分をつかった加熱料理がお勧めです。


加熱すると、生よりもカサが減るのでたくさん食べられますよね。


生でも食べられるものですから、
このステーキの場合は
中まで完全に火を通さなくてOKです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿