ライスミルク レシピ クラムチャウダー

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ライスミルクの冷たいクラムチャウダー【レシピ】

読了までの目安時間:約 5分

 

クラムチャウダー ライスミルク

from: 小西はるか
@自宅リビング

人気のクラムチャウダーを
ライスミルクで作りました。



おはようございます。

東京は、雨が降れば蒸し暑く、
晴れた日は日差しが強くて30度超え、

という日が続いています。

これから夏にかけては、
冷たいスープがうれしいですね。

クラムチャウダーも
牛乳ではなくライスミルクで作ることができるんですよ。

ライスミルクの栄養などについては
こちらを参照してください。

話題のライスミルクの美容・ダイエット効果とは?

話題のライスミルクの作り方は?

ライスミルクの冷たいクラムチャウダーの作り方

材料(2人分)
  • むき身のアサリ缶 小1缶
  • 玉ねぎ 1個
  • ニンジン1/2本
  • ジャガイモ 1個
  • アスパラ 2本
  • ライスミルク 200cc
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • 水 100cc
  • 塩コショウ 少々
  • バター 少々
作り方
1.玉ねぎはみじん切り、ジャガイモとニンジンを
3mm厚さのいちょう切りにします。
アスパラは食べやすく3~4cmに切っておきます。

2.フライパンにバターをひき、玉ねぎとニンジンを炒めます。
しんなりしてきたらアスパラも加えて炒めます。ここで軽く塩コショウします。

3.水とライスミルクを全て加え、コンソメ顆粒も加えます。
煮立ってきたら、ジャガイモも加えて、火が通るまで煮込みます。

4.全体に火が通ったら、アサリを加えて軽く火を通し、
塩コショウで味付けの仕上げをします。

5.ボウルに氷水を張って、クラムチャウダーを入れた別のボウルを浮かべて
粗熱をとります。その後で、冷蔵庫で、しっかりと冷やして完成です。

作り方のポイント

ライスミルクは無糖のものを使います。



無糖でもほとんどのものがほんのり甘いので、
味を確認してから使ってください。

野菜は小さく切るとスープっぽくなり、大きく切るとシチューっぽくなり、
温かいスープの場合はお好みでよいのですが、

冷たくして食べる場合は、特にジャガイモはでんぷん質がベータ化されるので、
小さめに切ったほうが、食べやすいです。

ジャガイモは切った後に少し水に浸しておくと、でんぷん質が出て、煮崩れしません。
また、メークインや、ニシユタカなど、煮崩れしにくい品種を選ぶと
形を保ったまま仕上がります

煮崩れたくらいが好き、という方もいるので、これもお好みで。

アスパラはすぐに火が通るので、後で煮る時に加えても良いのですが、
最初に少しでも炒めておくと、
食べた時に全体が油にコーティングされて、

舌触りも良く、美味しく感じます。

アサリは煮込む最初に加えるとよく出汁が出ますが、身が固くなります。
私は出汁よりも、身がふっくらしている方が好きなので、
最後の方で入れています。

仕上げに、火を止めてから生のトマトを入れて、
美味しくなります。

トマトを入れるときには、湯剥きして1cm角くらいにします。
皮をとったほうが、口の中に残らず食感がよいです。

冷蔵庫で良く冷やして食べるのがお勧めです。

ライスミルクの冷たいクラムチャウダー【レシピ】まとめ

むき身のアサリは手軽に作れますが、
殻つきアサリで作りたい場合は、

殻つきで150g程度を、砂抜きして洗ってから使います。
入れるタイミングは同じで4です。
アサリの殻が開いたら火を止めます。

ちなみに、
クラムチャウダーは、

白いミルク系スープはニューイングランド風、
赤いトマトスープはNYマンハッタン風、
魚介スープはロードアイランド風になります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント