モンティクリスト レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

モンティクリストのハマるレシピをご紹介!オークラのフレンチトースト風

読了までの目安時間:約 5分

 

from: 小西はるか
@自宅リビング

カナダ発のフレンチトーストベースのホットサンド
モンティクリストのレシピをご紹介します。




こんにちは。


この前の記事で書いたように、
モンティクリストはサンドイッチの種類のひとつです。


卵液に浸した食パンに、
ハムとチーズをはさんで、
あとはフレンチトーストの要領で焼くだけ。


作り方も簡単ですし、家にある材料ですぐできます。


モンティクリストとクロックムッシュの違いは?


トーストにハムとチーズを挟んだり、載せたりして
焼いたものがクロックムッシュです。


モンティクリストはクロックムッシュ一見よく似ていますが
トーストではなく、


卵液に浸したパンをフレンチトーストのように焼きあげるので
外はさっくり中がしっとりふんわりなのが特徴。

ハマるモンティクリストの作り方


材料

材料 1人分

食パン(6枚切り)        1枚
ハム               1枚
とけるチーズ           15g
塩・黒コショウ          少々
卵               1個
牛乳              60cc
砂糖              小さじ1
粉チーズ            大さじ1
バター              5g


作り方

1.卵、牛乳、砂糖、粉チーズを
を混ぜ合わせたものに、二等分したパンを浸します。


できれば、半日以上、しっかり中まで卵液がしみるように浸してください。
途中ひっくり返します。


2.2枚のうち、1枚のパンにハム、溶けるチーズを載せ、
もう1枚のパンではさみます。


3.熱したフライパンにバターを溶かし、2を載せて
片面10分、かなりの弱火で蓋をしてじっくり焼きます。


お気づきの方もいるかもしれませんが、
これは、あの「オークラのフレンチトースト」の
応用です。


浸す時間、焼く時間が長いので、お手軽さは
ちょっと減ってしまうかもしれませんが、


パンの中までフルフルのフレンチトーストの中に、
チーズとハム、


かなりおいしいですよ!


作り方のポイント


初めてつくる人や料理初心者さんは、
ハムをたっぷりはさみすぎない方がじょうずに作るコツです。


ついハムをたっぷりにしがちなんですが、


フライパンの上でひっくり返すときに、
ばらけてかたちが崩れがちだったり、
仕上がりがきれいにならなくなりがちです。


慣れるまではハムはやや少なめ、
パンのサイズよりややちいさめにおいてチーズをやや多めにすると
失敗がうんと減ります。


卵液だけでなくチーズが接着剤のかわりになってくれるので
ぶきっちょさんでも大丈夫です。


上手につくれるようになったらハーブやスパイスでアクセントをつけて



モンティクリストのハマるレシピをご紹介!まとめ


卵液を甘めにしたり、
食べるときにメープルシロップをかけたりすることで


甘じょっぱい、


味にすることもできます。


これがすごくはまるんですよね。


初めてアメリカに入ったとき、
パンケーキにベーコンやソーセージが添えられていて、
それにメープルシロップをかける、


というのがとても不思議だったんです。


日本のパンケーキカフェだと、
ベーコンやサーモンを添えたパンケーキは
「食事系」で


メープルシロップが出てこなかったりするじゃないですか。


塩気と動物性脂肪の味に
甘み、というのは食べてみるとクセになるんですよね。


だまされたと思って、試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント