モロヘイヤ 毒

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

モロヘイヤには毒があるって本当?

読了までの目安時間:約 4分

 

モロヘイヤ 毒

From: 小西はるか
@青山のスタバ

ネバネバ野菜「モロヘイヤ」、
実は毒があるって本当?


スポンサードリンク



モロヘイヤの毒性とは?


おようございます。


野菜の王様モロヘイヤ、栄養を逃さず食べる方法は?


の記事で書いたようにモロヘイヤは、


ベータカロテンやビタミンB1、B2、カルシウムなど、
代謝アップ、疲労回復に欠かせない、多くの栄養を持っていて
血糖値を下げる作用もあります。


中近東では昔から食べられています。
クレオパトラも好んでいたといわれる健康野菜です。


ところが、モロヘイヤのある部分には
「毒」があるんですね。


モロヘイヤの中で、毒があるのは、


種と実のサヤ


です。


モロヘイヤの実とサヤに含まれている毒性のある物質は、
ストロファシジンという、強心配糖体の一種で、
心筋の収縮力と、心拍出量を増大させる作用があります。


強心薬と同じ働きなのですが、
量によっては死亡に至ることがあるのは薬でも同じですね。


モロヘイヤの実などを食べた牛が死んだ、という例があるそうです。


お店で売っているモロヘイヤに、実や実になる若いサヤがついていることは
ないですし、つぼみは食べても問題ありませんので、


また、乾燥したモロヘイヤの葉の粉末、お茶、
健康食品からストロファシジンが検出されたこともないそうです。


家庭菜園での自家栽培の注意


モロヘイヤは栽培がわりと簡単で、
苗1本からでも、うまくわき芽を出させると、
食べきれないくらいフサフサに茂ります。





害虫もつきにくく、
プランターでも栽培できるので、、自宅で育てている人も多くいるかも知れません。
しかし、自家栽培では食べる際に注意することがあります。


通常の市販されているモロヘイヤには種子や
毒性の強いさや部分を取り除いて販売されているので、
食べてしまう事はありませんが、


自家栽培の場合は自己判断で取り除かないといけません。


間違って食べてしまうと吐き気を起こしたり、
めまいなどの症状も起こる事がある為危険です。


9月くらいから、花が咲き、実がついていきますので、
収穫や料理の時には注意しましょう。



スポンサードリンク




モロヘイヤには毒があるって本当?まとめ


モロヘイヤの毒で人が死亡した例は、
今まで日本ではないそうです。


売っているモロヘイヤでは心配はないですが、
自分で育てている場合は
実は取り除いて食べるように注意が必要ですね。


花が咲いて実がついている枝はそもそも固くなっていて
食べにくいですから、
花がつく前の若い茎葉を選んで摘み取るようにするとよいでしょう。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント