ミズ 下処理

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ミズ(ウワバミソウ)の下処理と食べ方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

ミズ 下処理

初夏から初秋まで食べられる山菜、
ミズの下処理と食べ方をまとめました。



ミズってどんな山菜?


ミズの正式名はウワバミソウですが、
ミズ、サワナ、ミズナ、
などの呼び名があります。


ウワバミが済みそうな
ジメシメした場所に生えることから
ウワバミソウ、という名が付きました。


独特の粘り気とシャキシャキした食感があり、
特に粘りが強いのは
根に近い部分が赤い、赤ミズです。




ミズの下処理



1.茎の皮を剥きます。

葉を折りながら、茎の下の方に
向かって皮を剥きます。


2.途中で皮が切れてしまったりして
剥ききれなかったら、
適当な位置で折ってそこからまた剥きます。


最終的には5㎝くらいの長さに切って使いますので、
短くなっても大丈夫です。


3.5㎝位の長さに切りそろえます。
ミズ1束に対して、塩小さじ1/2くらいの塩を
まぶしてかるくもみ、洗い流します。


4.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら
3を入れて、箸で混ぜながらゆでます。
色が鮮やかな緑色に変わったら
ザルに上げます。


5.冷水にさらして冷まします。

ミズ 下処理

ミズたたきの作り方


東北地方では、
ミズを包丁で細かくたたき、
だし汁、味噌で伸ばした
「たたき」にして食べます。


粘りが強いのは、赤い色の下の部分なので、
たたきにはその部分を使い、上は別の
料理にしましょう。


【材料】

  • 下処理をしたミズの下半分の部分 100g

  • だし汁 適量

  • 味噌 大さじ1

  • 生姜、にんにく、山椒の葉などの薬味 適量



【作り方】

1.ミズをビニール袋に入れてすりこ木で
叩いてつぶします。


2.1のミズを粘りが出るまで包丁でたたきます。


3.2い味噌を入れてさらにたたいて混ぜます。


4.だし汁で適当に伸ばします。
最後におろし生姜、おろしにんにく、山椒の葉などの
好みの薬味を入れます。


ミズのペペロンチーノ


【材料】

  • 下処理をしたミズの上半分の部分 100g

  • にんにくみじん切り 小さじ1/2

  • オリーブオイル 小さじ1

  • 塩・こしょう 少々



  • 【作り方】

    1.フライパンにオリーブオイルを入れて
    ニンニクを入れてから弱火に掛けます。


    2.にんにくが少し色づいたら、
    火を中火にしてミズを入れてさっと炒め、
    塩・こしょうをします。



    スポンサードリンク



    ミズ(ウワバミソウ)の下処理と食べ方は? まとめ


    ミズは旬の期間が長く、
    アクが少ないので扱いやすい山菜です。


    首都圏では、
    スーパーやデパ地下の青果売り場などで
    普通に売っている、というものではありませんが、


    「大地を守る会」などの野菜宅配に
    入っていることがあるようです。


    下処理をしたミズは冷蔵庫で2日くらいは持ちます。


    スポンサードリンク

     

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント