お花見 持ち寄り

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ママ友・子供と一緒の持ち寄りお花見会のポイントは?

読了までの目安時間:約 4分

 

花見持ち寄り

ママ友、子供たちも一緒のお花見会で
料理は持ち寄り、となったら
もって行くもののポイントは?



東京都のアラサーママに
お花見持ち寄りのコツを伺いしました。


持ち寄りお花見のおかずは、小さめ、手でも食べられる、がポイント


ママ友と未就学児の子供たちとのお花見に行く時は
いつも持ち寄りにしています。


大きめのお弁当箱に、
メニューは、自分の子供たちが好きなもの、
食べられるものを中心に


フォークなどを使わなくても食べれるものを考えて持っていきます


おかずは、レシピというほどのものではないのですが、
枝豆をさやから出しちょっとかわいいピックに
縦に5、6個ほど刺したもの。


うずらの卵と小さく切ったソーセージときゅうりを、
これもかわいいピックに刺したもの。





鶏のから揚げも、ピクニック弁当の定番ですよね。
これも簡単に食べれるように、小さめに作って、
ピックや爪楊枝を刺しておきます。


食べやすいし子供たちは喜んでくれます。


また、ブロッコリー、卵焼きなどで彩りを出せば
それなりのかわいいお花見弁当になると思います。


主食系も小さめに


おにぎりはなるべくいろんな
おにぎりの素を使ってカラフルにして、


小さく1口サイズにしてお弁当箱に詰めていく
と見た目もかわいく、食べやすいです。


持ち寄りのおかずがいろいろあるので、
おにぎりだけでおなかがいっぱいにならないように、
小さめにしています。


飲み物は冷たすぎないように、お菓子は小袋で


お弁当箱のほかには水筒も用意しますが、
お花見シーズンはまだちょっと肌寒いこともあるので
子供たちの水筒は常温のお茶、


ママたちにはあたたかい飲み物を用意するといいかもしれません。


またお菓子は広げてもバラバラにならない
小袋入りのお菓子にしています
子供たちが交換するのにも小袋入りの方が重宝します。



スポンサードリンク



ゴミは持ち帰ります!


持ち寄りお花見では、
必ず、何枚かゴミ袋をもっていきます。
ごみはその場には捨てられませんし、


お弁当箱にはまずサランラップを敷いておきます。
食べ終わったあとサランラップをはずしてまとめてゴミ袋に入れると
お弁当箱がキレイになるので持って帰るのがとても楽になります。


小さめのゴミ袋は
子供たちが拾ってきた花びらや石などのお土産(?!)を
入れるのにも使えます。


袋があって、もって帰れる、となると
子供たちのテンションはかなり違ってくるので。


ママ友・子供が一緒の持ち寄りお花見のポイント・まとめ


手でつまんで食べられるようにピックを使う
(小さな子いる場合、先端がするどい爪楊枝より
丸くなっているピックがいいでしょう)、


いろんな種類を食べられるようにひとつの大きさ小さめに、


などが用意するお弁当のポイントですね。


地域によりますが、東京近辺だと、
この数年桜が咲く3月末は、
意外と肌寒くなることがありますよね。


常温~温かい飲み物といっしょに
地面に座ったときに冷たくないようにひざ掛けや、
羽織るものも用意するといいかもしれません。


また逆に日差しが強くなることもありますので、
日よけ対策もしていきましょう


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント