シュトーレン レシピ ホームベーカリー

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ホームベーカリーで作るシュトーレンレシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

シュトーレンレシピ

クリスマスの伝統菓子
シュトーレンを
家庭で作れるレシピです。



シュトーレンはパン菓子
なので、


こねる、発酵させる


というパンと同じ工程があります。

そこを簡単にしてくれるのが
ホームベーカリーです。


実際に作った方のレシピをご紹介しますね!


ホームベーカリーで作るシュトーレンレシピ


まだ一回しか作っていないレシピですが
紹介します。


ホームベーカリーで作る
シュトーレンのレシピです


大きさは自分の好みの大きさにしてください。
我が家は6等分にしてミニサイズにしました。


食べる一週間前に作るのがコツです。


材料

  • 強力粉250グラム

  • ドライイースト4グラム

  • 塩一つまみ

  • 砂糖50グラム

  • 牛乳70cc

  • バター70グラム

  • 卵1個

  • ナッツとドライフルーツ好きな物をあわせて100グラム

  • ラム酒適量(たくさんいれるとしっとりしますが

子供が食べる場合は大さじ1位でいいです。)
  • 塗る用のバター・粉砂糖


作り方

ナッツとドライフルーを入れるタイミングは
それぞれのホームベーカリーに合わせてください。


すべての材料を入れ
ホームベーカリーで
生地だけ作ります。


シュトーレンレシピ 生地が出来たらまとめて
30分ねかせます。


オーブンシートをしいた鉄板に
なまこ形を作って
オーブンの二次発酵機能で発酵させます。


その後180度で25分焼きます。


間で焦げてないか何度か確認しました。


竹串を刺して生地がついてこなかったら
焼き上がりです。


熱いうちにバターをたっぷり塗ります。
冷めたら粉砂糖をふるいでかけます。


生地はホームベーカリーがするので簡単ですが、


我が家のナッツホームベーカリー(パナソニック)は
混ぜているうちに
ナッツとドライフルーツがカットされて小さくなります。


出来上がりのナッツが小さすぎて残念でした。


面倒でなければナッツを入れず
生地を作り、


後から手ごねでナッツ類を混ぜた方が
ナッツの存在感が楽しめると思います。


私は、後から切るのが面倒だかららと、
6等分してしまいましたが、


大きめの物を一つ作って、
薄くスライスして食べる方が
クリスマスらしさが出ます。


スポンサードリンク



家族からは「ただのパン?」という反応でした。
一応クリスマスケーキは別に作っていたので
納得はしてくれました。


私は、クリスマスの前日に突然、
シュトレーンを作ろうと思いついて
24日作ってその日に食べたのですが、


そでは、ちょっとおしゃれなパンと言った感じでした。


固いしラム酒の香りも結構していました。
残りは31日まで袋にしっかり入れて寝かせました。


31日に食べた方がしっとりしていておいしかったです。


ナッツはそのまま入れましたが、
軽くフライパンなどでローストしてから
入れた方がおいしいのではと思いました。


我が家は誰もお酒が飲めないので
ラム酒が大さじ1でも
結構入っているなと感じましたが


お酒好きの友人宅では
牛乳は入れずラム酒とブランデーをあわせて
200cc入れたそうです。


ドライフルーツもラム酒漬けを使用したそうです。


今年も作ってみたいのですが、
バターが品不足で、
手に入らず困っています。


ホームベーカリーで作るシュトーレンレシピまとめ


シュトーレンは
クリスマス前から、薄くスライスして
少しずつ食べ、


だんだん、しっとりと変わっていく味を
楽しむお菓子なのですが、


家庭でホームベーカリーで作った場合も、
作りたては


ただのパン?


状態なんですね。


食べ始める1週間前に作るのがコツ、
という体験談に納得しました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント