ホンビノス 貝 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ホンビノス貝と梅のパスタのレシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

ホンビノス貝レシピ

お値段の手ごろなホンビノス貝と梅干で
暑い季節にさっぱりいただける
パスタのレシピです。



ホンビノスと梅のパスタ


材料(1人前)

  • 梅干し 1個

  • ホンビノス貝 4~5個

  • みょうが 1個

  • アシタバ 1本

  • パスタ 1.4ミリぐらいの細めのもの

  • オリーブオイル 適量

  • ニンニク 1かけ

  • 塩、黒胡椒など 適量

  • パルメザンチーズをお好みで


作り方

1. フライパンにオリーブオイルを引きニンニクを炒めます。


2. 砂抜きしたホンビノス貝をフライパンに。
水を注ぎ貝が開くまで弱火で煮ます。
開いたら貝の中身は火が通り過ぎないように取り出しておきます。





3. 別鍋でパスタを茹でます。
パスタはあまり茹で過ぎないようにし早めにフライパンに移します。
目安はアルデンテのかなり手前、後半にフライパンの煮汁で茹でるので最初塩は少なめ。


4. パスタが程よく柔らかくなってきたら火を止めてホンビノス貝を戻します。
ここでの目安はアルデンテです。


5. 適当な大きさに切り刻んだアシタバの茎を投入、少し遅れて葉の部分を投入します。


6. アシタバの茎が丁度いいぐらいに柔らかくなったところで細く刻んだみょうがを入れます。


7. 梅干しを適当な大きさにちぎり全体に混ぜ合わせます。


8. 仕上げに好みの量の黒胡椒、パルメザンチーズをまぶして完成です。


作り方のポイント

あくまで好みの問題ですが、
夏場に合うメニューとしては、


パスタは、細めのパスタが合います。
あまり食欲がないとき、細いパスタのほうがすっと入ると
思います。


ホンビノスはかなり美味しいダシが出ますので
ぜひ使ってみて欲しいですが、


手に入らない場合はアサリでも可能です。
ただその場合は大きさが違いますので、


アサリの量は4、5個ではなく、
10個程度に増やしてください。


ホンビノスに限らないことですが、
貝類は水から少しづつゆっくりと煮出す方が
美味しいダシが出ますので、


スタを茹でる前にやっておいた方が
手順としては失敗ないかもしれません。


見た目の鮮やかさを考えてアシタバを使いますが、
香りが苦手なら他の葉もので構いません。


主役はホンノビスと梅のマッチングですので
この際野菜は見た目上のアクセントです。


イタリアンパセリ、青じそを仕上げに散らすのでも
よいと思います。


レシピを教えてくれた方は
自家製の梅干しを使っているそうですが、


市販のものでも、
蜂蜜入りなどではなく、
甘みがないものが良いと感じます



スポンサードリンク




ホンビノス貝と梅のパスタのレシピ・まとめ


ホンビノス貝は、本美之主貝と書き、
白ハマグリと呼ばれることもあります。


主に東京湾で取られる外来種の貝ですが、
おなじく東京湾に住む、浅利とは生息域が違い、
争わない、ということで、


駆除の対象にはなっておらず、
東京湾の新たな水産資源として注目されています。


小売をしている店で売っているのは
まだわりとめずらしい感じですが、


業務用としてはよく使われており、
クラムチャウダーなどに入っているそうですから
知らずに食べているかも知れません。


価格は、500~800円/kgくらいで、
はまぐりの焼半額以下です。


味は、アサリとはまぐりの中間くらい、
という感想を持つ人が多いです。


アサリで作る場合は、
貝の大きさが違うので、
加熱時間は調整してくださいね。


こちらのレシピもお勧め
梅肉入りツナとエリンギの和風パスタ


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント