ホワイトデー お返し GODIVA

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ホワイトデー・義理チョコのお返しに同じGODIVAってどう?

読了までの目安時間:約 5分

 

ホワイトデーお返し

夫がバレンタインにもらった義理チョコ、
同じブランドでホワイトデーのお返しって
あり?



千葉県の30代女性からの話です。


夫がもらった義理チョコ


バレンタインデーで、
職場の女性陣から夫がチョコを
もらって帰ってきました。


女性陣といっても、
おばちゃんたちばかりとのことでしたが、


昨年は会社の売上も良かったからと、女性陣が奮発して、
5名ほどの男性社員たちに、
高級チョコといって持ってきてくれたそうです。


早速、家に帰ってきた夫が包みを開けてみると、
けっこう大きめの箱に入った
GODIVAの高級そうなチョコでした。


値段は正確にはわかりませんが、
あれだけの箱に入っているとしたら、
3000円~5000円くらいしたと思います。


夫のをつまみ食いすると、
トリュフのようなチョコがとても柔らかく、
フワッとした口当たりでとても美味しかったです。




ホワイトデーのお返し選びに悩む・・・


それから1ヶ月後。
今度はホワイトデーなので何かお返しをしなれば、と、
大きなマーケットに行ってみましたが、


GODIVAをもらっていたのもあり、
安っぽいチョコしかなかったので
また違うところへ探しに行きました。


大体3000円前後で、見た目が
高級そうなチョコレートを探し続けました。


いろんな店を回って探しても、
なかなか良いのが見かりません。


大きめのショッピングモールにも、
チョコレートを探して行ってみたのですが、
高級そうなチョコレートをうっているお店がGODIVAしかありません。


夫と相談してGODIVAをもらったのに、
GODIVAで返すのはいかがなものか?ということで、
とりあえず買わずに保留にしました。


それからなかなか見つからなかったので、
その日は家に帰り、
インターネットで検索してチョコレートを探し続けました。


「あれはどうかな?」
「こっちのチョコレートが美味しそう」なんて
話を夫としていましたが、


なかなか決まらない上に、
美味しそうなものは
そこそこの値段がするものばかりでした。


お返しをGODIVAに決めた理由


探しても探しても、
全然決まらず…悩みに悩んだ挙句、
最終的に選んだのはGODIVAのチョコレート。


夫と話し合う中で、彼が、


「GODIVAをもらったのだからGODIVAの美味しいチョコレートをお返しにしよう。
女性は自分が食べたいものを選ぶだろうから、
職場の女性陣たちもGODIVAが食べたかったのだろう。そういうことにしよう。」


と言ったので、私もそれもそうかな、
と思いました。


さすがに、全く同じのを買っていっても、
それはおかしいだろうから、
自分がもらったのと同じ値段のを買っていこうと、


大体同じ値段のをホワイトデーの時に
選んで買っていきました。


ホワイトデーの夜、
職場から帰宅した夫にどうだったか聞いたところ、
夫の見解は正解だったようで、

職場の女性達も喜んでみんなで食べていたようです。
苦労して探した甲斐がありました。



スポンサードリンク




義理チョコと同じGODIVAをホワイトデーのお返しに・まとめ


いただいた義理チョコと
同じブランドのお菓子を
ホワイトデーのお返しにするのはどう?


ということなのですが、


これが個人的なおつきあいだったり、


相手が、お菓子にとても詳しくて大好き、
という人だったら、


「気が利いている人」とは思われないでしょう。


でも義理チョコにGODIVAを選ぶ、ということ自体が
定番品・分かりやすい高級品を選ぶ、
ということですから、


それほどのこだわりはなさそうですし、
個人的にもらったのではなく、
職場の女性達から、という形なので、


全く同じ物でなければ
同じブランド、というのはアリ、
でしょう。


同じブランド(パティスリー)にするなら、
チョコレートではなく、クッキーなどでも
良いかもしれません。


自分がお菓子に詳しいのでなければ、
ヘタに他のブランドにして
「格下のもの」と思われる危険も避けられます。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント