プリン フライパン

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

フライパンでプリンを作る方法

読了までの目安時間:約 5分

 

フライパン プリン

オーブンがなくてもフライパンで
プリンが作れます。

失敗しないためのコツをご紹介します!



フライパンプリンの作り方


【プリンカップ2個分のプリンの材料】

  • 卵 2個

  • 牛乳 200cc

  • 砂糖 大さじ2

  • バニラエッセンス 数滴



【カラメルソースの材料】

  • 砂糖大さじ 2

  • 水 大さじ1

  • 水 大さじ1と1/2



1.卵液を作ります。
ボウルにプリンの材料をすべて入れ、
泡だて器でよく混ぜます。


この後で濾すので、多少空気が入って
泡が出ても大丈夫です。


2.1の卵液を茶こしや目の細かいザルで濾します。
面倒ですが、省略するとなめらかなプリンになりません。


ざるを通すだけではなかなか下に卵液が落ちないので、
ゴムベラを上から押し付けながら
手前に引くと早く濾せます。


3.プリンカップに卵液を入れます。
底にカラメルソースを入れる場合は
先に入れておき、その上から卵液を注ぎます。


4.深めのフライパンに、
プリンカップの2/3くらいの深さに水を張り、
火にかけて沸騰させます。


5.お湯が沸騰したら弱火にして、
3のプリンカップをフライパンに並べ、
フライパンに蓋をします。


弱火で10分加熱したら、
火を消してフタをしたまま10分放置します。


6.フライパンの蓋を開けて
プリンカップを取り出し、
揺すって見ます。


表面がプルプルしている状態なら固まっています。
まだグズグズの液体だったら
再びフライパンに蓋をして弱火で1、2分加熱します。


7.冷蔵庫で2時間くらい冷やします。

プリン フライパン

【カラメルソースの作り方】

1.小さい鍋に砂糖と水大さじ1を入れて火にかけます。


絶対に混ぜず、触らないで沸騰するのを待ちます。


2.1が沸騰して周りがきつね色になってきたら、
液体を直接触らず、「鍋を」回して全体を混ぜます。


3.好みのカラメル色になったら火から降ろします。


残りの水を鍋の縁にそわせてそっと入れます。
真ん中に入れると跳ねたり、きれいに混ざらないことが
あるので注意。


鍋を回して全体を混ぜます。
冷まして出来上がりです。


この配合ではカラメルソースが
冷めてもカチカチに固まらないので、
カップのそこには入れないで後からプリンにかけてもよいです。


固まらない失敗を防ぐには?


プリンづくりの失敗の1つは
「固まらない」です。

材料の分量を守る

このレシピは、卵1個に対して牛乳100mlで
昔ながらの固めのプリンになります。


牛乳の量を増やしたり、生クリームを入れると
ヤワヤワののプリンになりますが、


卵に対して液体の量を増やすほど固まりにくくなります。


最初は基本の量で作ってみてください。


固まるまで加熱する

卵と牛乳のプリンは、
ゼラチン、寒天、でんぷんなどで固める
ムースやブランマンジェとは違い、


卵のたんぱく質を加熱して固めますので、


加熱が終わった段階で固まっていなかったら
その後いくら冷やしても固まることはありません。


最初にちゃんと沸騰させて温度が100℃になってから
弱火にします。


またチェックして、まだ液体だったら
再度弱火で1、2分加熱してください。


スが入ってしまう失敗を防ぐには?


火加減に注意

固まらない、とは逆に、
プリンの記事にスが入って
滑らかに仕上がらない、という失敗もあります。


温度指定ができるオーブンと違い、
フライパンで蒸す方法では、と細かい温度調節ができません。



沸騰したら弱火にしてから
プリンカップを入れ、


蒸す時間が長すぎないように
注意してください。



スポンサードリンク



フライパンでプリンを作る方法 まとめ


オーブンで作るプリンは蒸し焼きですが、


深めのフライパンで蒸しても
わりと簡単に作ることができます。


失敗を防ぐには、
生地の配合の分量を守ること、
しっかり沸騰させてからは弱火にして蒸し、
固まらなければ少しずつ蒸し時間を延ばすこと


で失敗を防げます。


うまく作れたら、
ココアや抹茶を入れたり、


牛乳をすこし増やしたり、
アレンジしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント