ピーマン ワタ 栄養 食べ方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ピーマンのワタの栄養と食べ方は?

読了までの目安時間:約 5分

 

ピーマン ワタ 栄養  食べ方

普通は種やヘタといっしょに捨てている
ピーマンのワタには栄養が豊富で


実は捨てるともったいないのだそう。


どんな栄養が含まれているのか、
ワタもおいしく食べる方法とは、


などをまとめました。




ピーマンのワタの栄養とは?


ピーマンのワタには、


ピラジンやカプシエイト、ビタミンC
といった栄養が、緑の部分よりも多く含まれています。


ピラジンは、ピーマンの香りの元になっている
成分で、
血液をサラサラにし、血栓を防ぐ作用があります。


カプシエイトは唐辛子の辛味成分であるカプサイシンが変化したものです。


ピーマンに唐辛子のような辛味がないのは、
カプサイシンそのものはほとんど含まれていないため。


シシトウは、たまに「あたり」と言われる
辛いものがありますが、ピーマンでは
そういうことはまずありません。


ですが、カプシエイトにも
カプサイシンと同じような、
代謝アップ・脂肪燃焼作用があり



エネルギー消費を促して、
ダイエットをサポートしてくれます。


これらの栄養は
ワタだけはなく、
タネに多く含まれています。

ピーマン ワタ 栄養 食べ方


ワタまで食べられるピーマンのレシピ


ワタやタネに栄養がある、といっても


ピラジンはピーマンの香り=青臭さのもとですし、
タネは食感がゴソゴソしたかんじになるので


ピーマンのワタやタネを残して
普通の炒め物などに入れるのは、
ちょっと難しいかな、と思います。



おすすめなのは、
ヘタ、タネ、ワタなどを取らずに、


丸ごと、濃いめの味つけや
植物性油脂・肉の脂分などと合わせて
調理することです。


ピーマンの丸ごと煮


【材料】

2、3人分

  • ピーマン 6個

  • 油揚げ 1枚

  • だし汁 1カップ

  • 醤油 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 生姜 1かけ



【作り方】

1.だし汁は、水200mlに
顆粒の和風だし小さじ1を溶かしたものでOKです。



2.油揚げを2㎝幅に切ります。
ピーマンは箸で穴を開けておきます。


3.鍋にだし汁、油揚げ、ピーマンを入れて
火にかけます。


4.醤油、みりんも入れて沸騰したら
オーブンペーパーを放射状に折って数ヵ所切れ目を入れたものを
落し蓋にして、弱火で10分くらい煮ます。


5.器に盛りつけたら、
おろし生姜を天盛りにします。


※夏は冷たく冷してもおいしいです。


ピーマンのチーズ焼き


【材料】

2人分

  • ピーマン 2個

  • ピザ用のチーズ 大さじ4

  • 塩コショウ 少々



【作り方】

1.ピーマンを縦に半分に切ります。
タネとワタはそのままにしておきます。


2.ピーマンに軽く塩、こしょうを振り、
ピザ用チーズを乗せます。


3.トースターのプレートにアルミホイルを敷き、
2のピーマンを乗せて、オーブントースターで
7分くらい焼きます。


※タネとワタがあるのでしっかりめに焼いています。
ピザソースをピーマンに塗ってからチーズを乗せたり、
ベーコンをトッピングしてもよいです。


スポンサードリンク



ピーマンのワタの栄養と食べ方は? まとめ


ピーマンのワタ、タネには栄養が豊富、
ということなのですが、


香りや食感の点で、
ちょっと食べにくいものです。
(だから取ってから調理するのが一般的になったのでしょう)


ワタもタネも食べるのであれば、
丸ごと、濃いめの味で
油分と合わせるのがポイントです。


特に簡単にできるレシピをご紹介しましたが、
定番の「ピーマンの肉詰め」を、
タネ・ワタを取らずに作ってもOKです。

試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント